桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

モデル時代の思い出話

今日、インスタグラムで、イトキン(オフオンなどを扱っている服飾メーカー)からいいね!が来て、びっくりして、私のファッションいいんだな、と思いました。

インスタグラムをやっていると、時々びっくりするような企業からいいね!が来ますね。資生堂とか。

私、資生堂ウケする顔ならしく、モデル時代も資生堂の仕事しかありませんでした。仕事がほとんどないモデルで、ヴィダルサスーンのオーディションにも行かされたのですが、受からなく、資生堂の仕事ばかりしていました。

最初に写真選考があるんですね。それで、写真選考に受かるとオーディションに行かされ、オーディションに受かると、初めてそこで仕事が決まった、という話になるのですが。

ヴィダルサスーンは、写真選考では受かるのですが、オーディションに行くと、必ず落とされていました。

私、すごいくせ毛で、髪の量が多くて。

大学1年の時、夕方、モデル事務所からの電話で「今から築地にオーディションに来れるか」と言われ、生まれて初めての東京で暮らして1年もたっていなかったので、怯えまくりました。八王子の滝山という、東京の中の田舎の地域に住んでいたので、次に来る、八王子駅行きのバスは何時なんだろう、という感じで、行けなかったのですが。養命酒のCM出演のオーディションで、有名なタレントさんが「養命酒はじゅわっとした食感がいいのです」と言うと、横で私が「じゅわ~」と一言言うだけだ、とってもいいお話だと思うんだけどなぁ~、と当時の悪徳マネージャーから言われました。コートも私の自前だったそうです。CMに出ているモデルさんの衣装って、全部スタイリストさんが用意していると思っていたのですが。

とにかく、そのCMの監督が私を気に入ってたらしく、オーディションに行ってたら受かる勢いだったらしいです。

その時は話がチャラになったのですが、「また声かけるから」と言っていたそうです。

そしたら、またその監督からの仕事の話があったのですが、大学1年の時の春休みで、秋田に帰っていて、「あれ、携帯に留守電入ってる」と気づいて、聞いたら、仕事の話でした。秋田に帰っている時に気づいて、また仕事をチャラにしてしまい、いい話をだめにした、とマネージャーから怒られまくりでした。その監督から再び仕事の話が来ることはありませんでした。

モデル時代の裏話でした。今はスタイリストさんついてなくても、セルフコーデでイトキンからいいね!が来ます。古着とノーブランドのセルフコーデです。

インスタグラムでフリーのモデルみたいなことをしている今の方が、あの時代より楽しいです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/07

ヌード芸術保護の会

昨日書いた、「ヌードモデルのこと裸のモデルって言ってるから乳癌になったんじゃない」と実の母のことを書いたの、言葉がキツすぎたかなー、とオスカーワイルドの「星の子」を読んで、思いました。母親からしてみれば、AVやエロ本とかにだまされて出演しないかとか、心配でしかたなかったのだと思います。

私は、昔の西洋絵画の、クリムトやエゴン・シーレのヌード絵画、クールベのモデルだったジョー、ロセッティのモデルでヌードになったアレクサ・ワイルディングなどが好きで、ボディの美しさに憧れるし、勇気を出して服を脱いだことを褒めたいと思っています。

私の母は教員でした。どうしてそんな母からこんな娘の私が産まれたんでしょうね。

私の西洋絵画、芸術への憧れは本能的なもので、ピアノと違って、誰かから命令されたものではありません。

そんな私がピアノから愛され、天職のピアノ教師に就いたのですが。

芸術を愛しているから、音楽が私を選んでくれたのかもしれない。

ピアノ。こんなに可憐で美しいものに、私、愛された。ピアノが私を選んでくれた。

とにかく、母との確執がひどかったんですけどね。

私は、ヌードになる女優・俳優、昔のヌードモデルなどに、偏見を持っていません。本当に、何とも思っていません。美しい身体に生まれたのならどんどん脱いじゃえばいいのに、と思っています。誰からも命令されてない、私の考えです。

浪人時代、「マーサ 夜明けの誓い」というフランス映画を観たのですが、クロチルド・クローが、裸のギヨーム・ドパルデュー君の身体を洗いながら、「男の人ってキレイ」という場面があって、今だに憶えていて、大好きな場面で。

男性の裸体をそういう風に見れるようになるのが私の夢です。

醜い身体よりいいじゃないですか。「ピアノレッスン」という映画でハーヴェイ・カクテルのヌードを見た時、正直な話、醜いと思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/06

私も色々なことがありました。

今、またスマホで「桜庭悠佳里」と検索したら、普通にピアノ教室のホームページが出てきて、下にいつもみたいに「ブログ 桜庭悠佳里ピアノ教室」と出てきました。Googleってどういう仕組みになっているんだろう・・・。

私も、色々あって、男の人への接し方とかわかってきた感じで。

インスタグラムで、いいね!をくれる大阪でホストをやっていらっしゃる男性がいるのですが、その男性がとにかく好みの顔で。以前の私だったらその男性のインスタのコメント欄に「茶色のビー玉の様に透き通っているキラキラした美しい目 桃のようなピンク色の唇 バニラ色の肌 あなた程美しい人はこの世にいない」とか書いていたと思います。今の私なら書きません。

とにかく、色々なことがあって、男の人って女の方から告白したりするとこれだけ調子に乗るんだなー、と思ったり。

今は笑い話なのですが、2003年12月に髪を切られてから恋に落ちた男性美容師の方がいました。

私の友達や知り合い、1人しかいなかったピアノの生徒さんなど、みんなが応援してくれていたのですが、その男性の顔写真を美容院のホームページで、生徒さんに見せたら「え、この人?すごい顔・・・」「本当にこの人なの?」と言われました。

今はその人、美容師を辞めたらしく、美容院のホームページに写真が載っていないのですが、私の知り合い、みんな、口をそろえて、「え、この人?」と言っていました。

告白したら、態度が豹変して、「男の人って女から告白されただけでこれだけ調子にのるんだなー」とひとつ学びました。それで、急に、「僕って、見た目がねー」と言い出し、技術と接客で惚れたのに、そのことわかってないらしく、外見に変な自信を与えてしまったようでした。きのこみたいな変な形の鼻、紫色の唇、一重の目、手入れされていない眉毛の美容師さんでした。「恋は盲目」と言いますが、私も、技術と接客に惚れ、顔が見えなくなっていたようです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/06

天賦の才

私の天賦の才は文章力らしいです。

今は、芸術家仲間と言える人たちがいるのですが、2008年12月、当時掲示板だった時代、ふとした思いつきで掲示板に小説を書き始めました。

その時のこと、仲間たちが、「男の生徒がいないくらいでよかった」と言っています。

天使と人間の恋物語で、肉体を持って人間の男女のように結ばれたい、でもそうなれない、体がない切なさ、でも人間になることが決まり、肉体を持って地上に降りてきて、結ばれ、二人の生活が始まる・・・というストーリーでした。

私の音楽の先生から「小説は教室にふさわしい内容にした方がいいと思いますよ」とポッと顔文字がついたメールが来て、私が小説を削除したら、仲間が怒っていました。

生徒さんに感想を聞いたら「先生ああいうこと考えてるんだーと思った」と言われました。

芸術家仲間から言われたことは、「エゴン・シーレレベルの文章力」なのだそうです。エゴン・シーレ、28歳で死んだ天才画家なのですが、生きている時にわいせつ罪に問われ、裁判で、描いた絵を1枚焼かれるという目にあっています。

私、文章力がエゴン・シーレレベルなのだそうです。それで、どこがそんなに問題あるのか私本人、わからないのですが。とにかく、そんな感じなのだそうです。

今、仲良くしている芸術家仲間から言われたのですが、大学時代、私が書く美術のレポートがエロく、井出という教授だったのですが、井出が私のレポートを読むのを楽しみにしていたそうです。そしたら、杉浦という教授から「男って誰でも性欲あるんだよ」と怒られました。誰かが、私の美術のレポートのこと、杉浦先生に言いつけたのではないかと思っているのですが。

とにかく、エゴン・シーレレベルの文章力なのだそうです、普通に書いてると。

掲示板小説がめちゃくちゃになり、2009年から、原稿用紙に鉛筆でカリカリ小説を書いていたら、2017年に完成しました。今、出版社に提出するためにきれいに原稿用紙に清書しています。手書き原稿でも受け付けているそうです。入力料というものがかかるそうなのですが。パソコンを使わないのが私のスタイルになっています。教室のブログでは上品な文章を心がけています。教室がからんでくると、それこそ、教室にふさわしくないことは出来ないのですが、インスタグラムや自分で書いている小説等は、やりたい放題やっている感じです。

エゴン・シーレレベルの言葉の才で、言いにくいから誰も言わない、と仲間から言われました。

とにかく、そんな感じの天賦の才なのだそうです。

小説が出版される日が来るのが楽しみです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/06

今朝からの変なこと

私、自分が書いたブログを読み返す癖があるのですが、今朝から、読もうとしたら、「桜庭悠佳里ピアノ教室」と出てきて、今まではその次にブログが出てきていたのですが、今朝から、「桜庭悠佳里 ブログ」と打たないとブログが見れないんです。

何で今朝から急にこんなことになったのだろう、と思い返してみると、昨日「セルフヌード」という記事を書いたのが原因ではないかと。

このブログにヌード写真なんて載せていないし、インスタグラムを見て頂ければわかるのですが、デコルテしか出していないですよー。

インスタ界には、下着姿になったり、水着とか、私より露出してる人がたーくさんいる。

ピアノ教師って所がまずいんでしょうかねぇ・・・。

インターネットや、Googleの検索機能って、どうなってるかわからないのですが・・・。

あと、知り合いの音楽教師をやっていらっしゃる先生から聞いたのですが、あおぽ、まりまり、魁が秋田で3大勢力を持っていて、この中のどれか1つでも敵にまわすと、秋田で干されるそうです。

あおぽ・まりまり・魁を敵に回していないのに、私、2006年母が亡くなった時、生徒が1人のピアノの先生の母さんが死んだ、あの先生これからどうやって生きていくんだろう、バイトでもするのかな、と、話題の的になり、2006~2007、とっくに干され済みです。2008年、ホームページを作ってから生徒さんがみんなホームページを見て家に来るようになりました。そんなことが過去にあったので、怖いものなしの最強教室で、私が婆さん先生になって死ぬその日まで続けて行く予定の独身友の会会長教室なのですが。母が亡くなった時、親族から生活のために結婚・会社勤め・バイトなどと言われまくったのですが。生活のために愛のない結婚をするのはやめましょう。独身友の会より。

Googleの検索機能って秋田市でどういう仕組みになっているのだろう、と今、不思議に思っているし、怖いです・・・。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/06

セルフヌード

今日、朝9時からNHKの日曜美術館でギュスターヴ・モローをやっていて、モローの絵が次々でてきて、ヘアアレンジなど、真似したくなることがたくさんありました。

私、人から「他人を脱がせると訴えられる可能性があるし、自分が脱ぐのも危険だから、セルフヌードがおすすめだ」と2009年にアドバイスを受けました。まだインスタグラムをやっていない時代でした。

私は子供の頃から、西洋絵画の女の人に魅了されていて、「ヴィーナスの誕生」などは、憧れの極致でした。

アングルのヌード絵画も憧れています。

誰からも命令されていないのに、憧れていました。

うちの母は下品な人で、乳癌で52歳で亡くなりました。

私、母から「裸のモデルになりませんように」と紙に書かされたりしました。

裸のモデル?「ヌードモデル」でしょう?人のこと下品な目で見てるから視力悪くて眼鏡かけてて、乳癌になったんんじゃない?昔のヌードモデルのおっぱい、西洋絵画で見てみなさいよ。

死んだ母に言っても、どうしようもないんですが。ちなみに私は視力両眼1・5で、乳癌検査にもひっかかっていません。母のことが生きてる時から大嫌いでした。

2009年に、セルフヌードを勧められ、ヌードの女の人の周りに猫がたくさんいる幻想的な絵を描いている日本人画家を「これサンプル」と勧められたりしました。

自分の絵に自信がなく、色鉛筆とか水彩画とか油絵とかになかなか手をつけることができず、2019年になってしまったのですが、今朝、モローの美しい女の人の裸体画を見て、「あ、私もやってみたい」と思いました。

11時半に生徒さんが帰った後、タートルとカーディガンを脱いで、ネックレスをつけたりして、あれこれやってみて、セルフヌードを撮りました。乳首・乳房を出す度胸なはく、本業ピアノ教師だから、さすがにまずいんじゃないかと思って、胸の上部、デコルテしか撮っていないのでご安心を。インスタグラムを見てもらえばわかります。

昔のヌードモデルって、美しさと脱ぎっぷりがいいと思います。クリムトの絵とかエゴン・シーレの絵とか大好きです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/05

今日の仕事が終わりました。

今朝9時からNHKの日曜美術館でギュスターヴ・モローをやっていました。

見て、「録画しなかった私のバカー!!」と思いました。

ヘアアレンジなど、真似したくなるような女の人のモローの絵が次々に出てきました。

私は誰かに命令されたわけでもないのに、子供の頃から西洋絵画に魅了されてきました。

本能ですね。

10時から生徒さんが来て、2年通って下さっている、サラリーマンのSさんで、すっかりうちの常連さんです。

「本物のグランドピアノに触れれて嬉しい、毎日でも来たい教室」と言って下さっています。

11時半までしゃべったりレッスンしたりしました。

本当は1時間30分だと3000円になるのですが、Sさんに、お米もらったり、2017~2018年、色々大変だった時期に助けてくれたし、うちのパソコンにトラブルがあるとただで見てくれるしで、先生と生徒の絆ががっちり出来上がっていて、30分サービスして、2000円でレッスンしています。

今日の仕事は終わりです。

漫画でも読んで、ごろごろ休もうと思っています。

次の仕事は、7日の夕方4時です。小学1年生の女の子と弟さんの兄弟2人が来ます。あと、ゴールデンウィークが終わるので、10日の金曜日、高校生の女の子が来てくれます。

教室のスケジュールはそんな感じです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/05

さっきの記事の訂正

さっきの記事で、印刷できる写真のサイズが15mm×15mmと書いたのですが、150mm×150mmで、15㎝×15㎝でした。

このブログ、過去記事の訂正のしかたわからないんです。

うちに生徒さんとして来てくれている、パソコン関係の会社にお勤めのSさんも「俺もちょっとこのブログの操作方法わからない、電話で操作方法聞いて教えてもらったらいいと思う」と言われ、2017年の秋に、電話で操作方法を聞き、新しいブログとして再開したのですが。

それまでのブログ、できるだけヨシケイのお料理写真とか、載せたいんですよね。そしたら出版社から「ブログ用の写真は小さいことが多いので、そういう写真の場合、印刷・出版できない、と言われ。

このブログもすごく写真が小さく写るので、文章だけのブログになると思います。

2017年はすごく大変な年でした。以前ブログに書いた、高校時代からの嫌々の付き合いで、私をいじめまくっていた(Fさんということにしておきます)が教室をめちゃくちゃにしようとして、教室に来たがって。お断りしていたのですが。

私がブログ本を出すだけでトラウマ、インスタグラムでいいね!が来るだけでトラウマなのだそうです。

それで、風景写真でいいね!80件来たら「ああ、よかった」ですって。

顔とファッションをひがみまくってるらしいです。

ウィーンの血が混じっている、写真の撮り方を教えてくれた年上の女性や、今、人間関係を築いている仲間たちが、撃退してくれたのですが。

親族でも困っている原因のFさんだったらしく、統合失調症と診断され、精神病院に強制的に入院させられました。

退院してくると思うと怖いのですが。

とりあえず、今は平和に暮らしています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/04

魔法のようなことが私の人生に起こりました

小学生の頃、「おまじないコミック」という少女漫画雑誌が好きでした。その雑誌で連載されていた「乙女なプログラム」という漫画が好きで、大人になった今はスマホで見つけ、読んだのですが、小学生の頃とは違う見方になりました。

まりんという少女趣味なファッションで周りから笑われてる女の子が、櫂というファッション関係者から才能を見出され、デザイナーを目指していくという話なのですが、私、2017年の2月頃、突然写真の撮り方を教えられました。自分の身に何が起こったかわからず、シャッターを言われるままに切り続け、インスタグラムをやるように命令されました。

そこから、2017年の4月~5月頃からインスタグラムが始まったのですが、最初、自分のメイクした顔に17件いいね!が来ただけでものすごく動揺しました。

中学の時のいじめがひどく、一番言われたのが「ブス」でした。大人になってから見た「愛しのローズマリー」という映画で「あんまり長いことブスでいたせいで自分が美人になったことに気がつかない女なんだ」という台詞が出てくるのですが、それ私のことなんだと思いました。

2017年の秋、「メイクするだけで壊れる美女子」と言われました。自分の人生、壊れまくって生きてきたんだなぁ、と思いました。

中学の時、地元でみんな同じ地域に住んでる公立の学校だったから、学校がない日曜日の日も同級生と道ですれ違うような環境で、道ででも駅ででも「すごいブス」と言われまくり、外を普通に歩けず、外に出るのが怖く、地獄ってあのことだな、と今思います。

怖くてデパートに行けず、通販のセシールには随分お世話になりました。

今は普通にウィンドウショッピングを楽しんでいます。

道を歩いていると「すごいブス」ではなく「ピアノの先生」扱いされるようになりました。

私に写真の撮り方を教えてくれた、ウィーンの血が混じっている女性から「写真1枚撮るのがそんなに大変だってわからなかった」と謝られました。

私、壊れないで生きれるようになったんだ、と思いました。

マスタープランのSさんに「口先ばっかり」と思われてもしょうがないのですが、ブログ本の他に、写真集を出版しようと考えています。出版社に問い合わせ、写真を何枚かメールで送ったら、「15mm×15mm程度なら印刷できる」と言われ、嬉しいです。B5判で出版する予定です。問題なのは資金なんですよね、とほほ。

あと、ブログ本の予定なのですが、このブログ、すごく写真が小さく写るので、文章だけのブログ本になりそうです。文章だけでモノクロにすると料金が安く済みます。フルカラー印刷だと料金が跳ね上がるんです。

それで、以前のヨシケイのお料理の写真とか載せていたブログ、なかなかブログ本に出版できずにいるのですが。

うちに来ているヘルパーさんに「ブスと言われた」といじめのことを話したら、普通に「全然ぶすじゃありませんよ、目二重だし、色白だし」と言われました。

地獄から抜け出るということがどんなことか、私はよく知っています。

6月に、小学1年生の女の子がお誕生日なので、お祝いをするケーキで540円のフォンダンショコラを見つけました。

インスタグラムは壊れてないし、普通に外歩けるしで、普通の人として普通の当たり前の生活を送れるありがたみをひしひしと感じています。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/04

憧れ

私、音楽が嫌いだったわりには、高校時代から、昔のハリウッドのミュージカル映画が大好きでした。

アステアって、何であんなにエレガントなんだろう。

今世でアステアみたいにエレガントになるの無理だから、来世に期待するしかないですね。

インスタグラムで、自撮りで、片手にスマホを持ってダンスをして投稿したら、カーラ・ブルーニやクラシック音楽などでは、再生回数が少なく90件とかで、スキャットマンの歌に合わせて踊ったら、再生回数500件を突破しました。あと、ダンスを投稿すると、気のせいならいいのですが、フォロワーが減っている気がするのです。

去年「本人の希望でやめさせていただきます」とFAXが来た中学生の子に、私、自分のインスタのダンス映像、見せたりしたし。

「どうやって撮ってるんですか」と聞かれ、「CDの音を大音量にして、片手にスマホを持って撮っている」と言ったのですが。

ダンスのせいじゃなく、他の理由でやめたのならいいのですが。

その時のことがあり、なんとなく怖くて、生徒さんにインスタグラムを見せれなくなりました。

あと、スキャットマンのCDが音が変になってしまい、新しく買わないといけないので、最近、スキャットマンダンスができません。

あと、片手にスマホを持って踊ると、どうしてもブレます。

生徒さんから「100均に三脚がある」と聞き、三脚にスマホを置いて普通に踊ればいいのかな、と思いました。

なるの無理だってわかってるんだけど、真面目にアステアに憧れています。「ザッツエンタテイメント」大好きです。「ザッツエンタテイメント2」をかけて寝ると安眠効果があるみたいで、ぐっすり寝れます。

あと、生きているうちにヴェルーシュカみたいになりたいです。芸術的な仕事しか引き受けない老人モデル。

生まれ変わったら、ヘレナ・クリステンセンの身体と、カトリーヌ・ドヌーヴの顔になりたいです。

シェルブールの雨傘を見るたびに、「神様、神様、どうかこういう顔にしてください」と思っています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/30

音楽の愛

さっき、母の音楽への愛は母の片思いだったと書いたのですが、母の音楽への愛は、愛ではなく憧れとかじゃなかったのではないか、と思います。

私は、アートが大好きで、ヴェルーシュカ(モデル史に残るトップモデルで、現在は芸術的な仕事のみ引き受けている老人モデル)に憧れています。

本が好きだし、西洋絵画が好き、画家が大好きで、映画も好き。なのに音楽だけは嫌いだった。

確定済みで、母にやらされたからですね。

音楽は、私に嫌われても私を愛してくれた。ただそばにいてくれた。

私に愛してほしいなんて一言も言わなかった。見返りなど求めず、ただそばにいてくれた。

私に嫌われても私を愛してくれた。

それでも、心のどこかでは、私の愛情が欲しかったのではないかと思う。

私は、音楽と一生、一緒にいる。私に愛情を降り注いでくれたから。

よく、結婚してピアノの先生を辞める女の人がいるけど、私、音楽と結婚した。

ピアノの先生辞める予定、ゼロです。

死ぬその日まで音楽との婚姻関係を続ける気でいます。

母は、音楽に愛されていなくて、一方的に憧れてたに過ぎない。

一番まぬけなのは、グランドピアノを買ったり、私の先生の所に習いに行くお金を出していいただけで、うちのグランドピアノが愛して一緒に仕事をしいてくれているのは、母ではなく私だったということです。

ピアノが私を愛してくれた。

うちの母はピアノを買うお金を出しただけで、ピアノが来たかった、愛してくれていたのは、母の所ではなく私の所だったということです。母が一番まぬけだなぁ、と私が思う所は。

私に大きな愛情を注ぎ続けてくれている音楽。

一生死ぬ日まで一緒にいる気でいます。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/30

母との確執の話。

その高校時代、うちの母、私を声楽教室に通わせるとかピアノに通わせるとかがすごかったです。

同級生に「桜庭さんのお母さん、桜庭さんをデビューさせたいんじゃない」と言われました。

私をどうしたかったのか、よくわからない母で、ピアノ教師になってからもヤマハの先生の所に通わされました。

言ったら悪いのですが、そんなにレベルが高い先生ではなく(私本人、ピアノ教師14年やってるけどレベル高い先生じゃなく町のピアノ教師だし)「自分が先生になってからでも先生の所に習いに行くって大事」と、毎週土曜日の午後2時頃、ガッと、ダダダダッと階段を上がってきて私の部屋にワッと入ってきて、右の二の腕をガッとつかまれて、引っ張られ、車に乗せられて、ヤマハまで連れて行かれました。

乳がん患者が娘にそんなことをしているなんて誰も思いもよらなかったと思います。

2006年の4月から母が寝たきりになり、ほっとしました。生まれて初めてピアノから離れました。来ていた生徒1人のみに教える生活が続き、母は寝たきりで、私を引っ張れなくなりました。

そしたら電話帳を開いて携帯電話で色々な教室に電話をかけ、出張で教えに来てくれないか、と。

どこの教室からも「何でピアノの先生やってる人に私が教えなきゃいけないの」と断られていました。

2006年7月14日に母が亡くなり、ほっとしました。正直な話。

私をどうしたかったのか、未だによくわからないのですが、確かなことは、音楽・ピアノが愛してくれたのは私で、母の音楽への愛は母の片思いにすぎなかったということです。

「私の音楽への愛は私の片思いにすぎない」と自伝に書いている映画監督が天職のベルイマンの片思いの方がまだましです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/29

自分探しって、

私、穏やかな人に見られがちです。

ピアノ教師って、外面良くしていないといけない職業だからかな。

ピアノを教えるのが天職なのですが、それだけでは自己表現が出来ず、ブログを書くと秋田の音楽教師から偵察の対象にだけされて誰もいいね!くれないしで、インスタグラムを始めて2年になるのですが、最近いいね!が増え始めていて、生まれて初めてすっきりしています。あ、私がやりたかったことできてる、って感じで。

インスタグラムで、一番多いコメントが「ほっこりするお写真ですね」で、仲がいいなつきさんにしゃべったら、「桜庭さんの人柄や雰囲気が写真に表れていてそうなんじゃないか」と言われました。ただシャッター押してるだけなんですけどね。写真って不思議だなぁ、と思う出来事でした。

あと、母との確執や、学生時代いじめにあったりしたせいで、陰鬱な所があると自分では思っていたのですが、美容師のSさんに「桜庭さん、前向きな人だから、その辺私も大丈夫だと思って信頼してるから」と言われ、それも意外なことでした。

どうして自分って、自分が思っているような自分じゃないんでしょうね。

私、イラストレーターや画家になりたかったのになれなかった負け犬だと自分のことを思っていたのに、ピアノ教師をしていて、ピアノが好きで好きなことを仕事にしている音大出たお嬢様で勝ち組に見られてる。

自分の中では色々あるんですけどね。母との確執とか。

あと、高校時代言われ、母からも言われたのですが、「よくそこまで自分のことわかってるじゃない」とあざ笑われながら言われたり。

「あなたは自分のことわかってないでしょう、自己プロデュース能力ないし、顔立ちも私ほど良くないし。」と今の私なら言えるのですけどね。本人に向かって言ってケンカ売るようなバカでもないし、私。本当に自分のことよくわかってるのかもね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/29

男性芸術家って

男性芸術家って、父親と仲が悪い人が多いみたいです。

私が知っている範囲では、マーロン・ブランド、ギヨーム・ドパルデュー、クールベなど。

父親との仲の悪さが反対に素晴らしい演技になったり作品を作らせたりするのでしょうか。

私は母と仲が悪かったです。

あと、芸術家がする過酷な自分探しってあるみたいで、これも男性芸術家に多いみたいです。自画像を描き続けたゴッホ、自分のヌードを描き続けてわいせつ罪で裁判沙汰になったエゴン・シーレ。

ヴァネッサ・パラディがジョニデとの間に初めての子供が産まれて作ったアルバム「ブリス」の中で、「自分探しはおしまい。あなたを見つけたから。あなたの巣に降り立った」と作詞をしているのですが、女性の方が自分探しってしやすいのかなー、と思いました。

過酷な自分探し友の会会長、女性の桜庭悠佳里より。

会員、ゴッホ、エゴン・シーレ、マーロン・ブランド。

私は筆で自画像は描いてないけど、インスタで自撮り写真ばかり載せています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/29

芸術j家って、そういうのあるみたいです。

私、「父パードレパドローネ」がサンプルで、陰鬱なブログを目指してきました。

そしたら、意外な出来事があったのですが、2017年、「楽しいブログですね」と言われたのです。

マーロン・ブランドが、アカデミー主演男優賞をもらった「波止場」の自分の演技のことを「下手で恥ずかしかった」と自伝に書いていて、本人が「最高の演技だった」という映画が、マイナーで誰も知らないような映画なのです。

あの「波止場」が下手で恥ずかしいなんて、どこがー、という感じなのですが。

芸術家が自分で思ってることと他人から見たことって違ってるみたいです。

私が母親との確執をさらけ出し、それでも大嫌いだったピアノが私を愛してくれた、だから仕事にしている、という陰鬱なブログを目指していたのですが、「楽しいブログですね」と言われたのが意外でした。

最近、また同じような出来事があって、タイ古式マッサージのお店「ルピナス」で、「桜庭さんのインスタで可愛いのあったからいいね!クリックしちゃった」と言われ、「あれ失敗作だ」と言ったら、「桜庭さんいっつも私がいいと思うの失敗だとか言うー」と言われました。

芸術家って、そういう所あるくらいに思っていればいいのかな、と思いました。インスタでも、自信があった写真がいいね!数少なかったり、反対にそんなにいいと思ってないものがいいね!いっぱい来たり。

きっとそうなんですね。似た様な出来事があった、と自分の中で、気をつけていればいいのかな。そういうことってある、私が悪いと思っているもの、傍から見れば良かったり、楽しかったりする、って。

きっと、そうですね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/29

ゴールデンウィークの予定

28日の日曜日、朝10地から、サラリーマンのSさんに「こどものバイエル2」の「指の練習」を指導していました。Sさん、「バイエル嫌だー」と言っていて、ショパンのノクターンやベートーヴェンの月光をやりたがっていて。初心者向けに簡単に直したものではなく、原曲を弾きたがるのです。Sさんは楽譜を読めないのに、やりたがって、私が音大時代から愛用している中級者向けの楽譜を3月にヤマハで購入し、引きたがっています。その楽譜に載っているのです、月光と、ノクターン。

「嫌かもしれないけど月光弾けるようになるためにやって」と「指の練習」をやらせています。

Sさん、若い頃キーボードをやっていたそうで、独学だったから、指に変な癖がついていて、私、前からその変な癖取りたかったのです。

バイエルをやらせていて、「おっ、変な癖取れてきたな」とピアノ教師冥利につきることを思っていたら、Sさんの携帯電話が鳴り、「社長からだ」と言い、電話で何か話していて、「先生、ごめん、今から仕事に行かなきゃいけない」と言って、10分でレッスンが終わってしまいました。指の変な癖取れてきていい感じだった所で。

多分、Sさん、うちの常連さんなので、ゴールデンウィーク中にもう一度とか二度とか来てくれる可能性があります。

5月1日は、小学1年生の女の子と5歳の男の子の兄弟が来てくれます。

毎週金曜日に来てくれている高校2年生の女の子は、10連休旅行に行くそうで、次に来るのは5月10日だそうです。

私の方は、明日の午前中ヘルパーさんが来て、食料の買い物とお料理をやってくれます。

5月2日は、タイ古式マッサージのお店に行ってきます。

そんな感じで、ゴールデンウイークらしい旅行の予定とか、全然予定ありません。

大学時代、ゴールデンウイークに朝日新聞社がやっている「イタリア映画祭」があって、よく毎日通ったな、と今では思います。

生徒さんには、「大学時代通ったけど、今、秋田の教室ほっぽり出すわけにいかないから行けない」と言っているのですが。

暇だけあってもお金がなかったりして、イタリア映画祭に行けません。東京だから当然か。行ける方が特別な金持ちということになりますよね。

「父パードレパドローネ」を撮ったタヴァーニ兄弟が昨年亡くなったそうです。イタリア映画祭のチラシが秋田の我が家に送られてきて、知りました。

私は母と仲が悪かったので、高校時代から感情移入している映画です。

「父パードレパドローネ」と私のつきあい、長すぎ。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/29

インスタグラムって面白い。

この前、なつきさんのお店から、ラベンダー色の、ランジェリータイプの長袖のワンピースと、ネグリジェみたいな、水色のワンピースを買いました。

今、レギンスがトレンドだから、合わせてインスタグラムに載せたら、いいね!27件とかで、「レギンス合わせないで、素直に素足で着た方いいかな」と思いました。

インスタグラムっておもしろいですね。

それで、ラベンダー色のワンピース、色々着こなしを変えて載せていたのですが、セクシー路線でちょっといやらしい写真を撮って載せたら、いいね!47件とか来て、わかってくれる人とか認めてくれる人、いるんだなー、と思いました。

あと、前開きのワンピース(古着屋さんで購入した物ではなく、前から家にあったもの)を前を開けて着て、ちょっといやらしい写真と、そのワンピースをきっちりボタンをとめて上にカーディガンを着た清純路線の2枚撮ってインスタグラムに載せたのですが、いやらしい写真はいいね!45件で、清純路線の写真はいいね!55件来ました。

私、清純路線で行ったほうがいいのかな、と思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/25

昔と違うんだと思います。

常連になっている古着屋さんの店員のなつきさんとは5年のつきあいになるのですが、古着屋さんに行く人ならわかると思うのですが、ランジェリーってあるじゃないですか。スリップとか、外国のナイティとか。

それで、なつきさんのお店でも、ランジェリーが売られていて。

「これ、どう着こなしたらいいんだろうね」と話になり。

私は、「ピーチジョンのベージュのインナーとか合わせて、レギンスをはいて、上にカーディガンはおるとか」と言ったら、なつきさんから「大人のおじゃれ」と言われ、若い子なら、ジーンズの上に羽織ったりするそうです。

「普段着る用じゃなく、インスタグラムの撮影用だって割り切って買って、わざといやらしい写真撮って、載せてみようかなぁ」と言ったら、なつきさんが「いいんじゃない」と言ってくれたのが意外でした。

あと、タイ古式マッサージのお姉さんのAさんに「下着姿とかになる度胸はないけど、水着とか買ってインスタグラムに載せてみようかな」と言ったら、「きゃー、セクシー」と、やってみて、みたいなこと言われました。

今、エロい才能の面でも、昔みたいに「教室にふさわしい内容にした方がいいと思いますよ」とかじゃなく、わかって一緒に楽しんでくれる女の人に恵まれているんだな、と思いました。

「教室にふさわしい内容にした方がいいと思いますよ」と私の先生からメールが来て、私が小説を削除した時、私の仲間が怒り狂っていました。「潰された」「壊された」と。

今は、自分の作品と言えるものを、自分で壊さなくなったし、潰れなくなった、強くなったんだと思うし、人間関係や、女の人に恵まれているんだと思います。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/25

自分の作品、壊さなくなったんだと思います。

インスタグラムを始めてわかったのですが、今、フリーのモデルって多いんですね。

モデル事務所に所属してないモデル。

私、2004年から、モデル業から遠ざかっていたのですが、今、フリーのモデルをやってるようなものなのかな、と思いました。本業ピアノ教師で。

元々カメラマン志望とかじゃなく、カッコいいカメラとかに触ったことなくて、スマホのカメラ機能でパシャパシャ撮ってるだけなんだけど。

私に写真の撮り方を教えてくれ、インスタグラムをやるように言ってくれた、知り合いの女性に感謝しています。

インスタグラムで、自己表現の場を与えられた気がしています。

2008年の12月、まだブログじゃなく掲示板だった時代、ふとした思い付きで、掲示板で小説を書き始めたのですが、生徒さんの間で評判が悪く、バシバシ書いたものを消してしまいました。

インスタグラムを始めて、最初、モデルを過去にやっていた、と書いたら、変なおじさんに目をつけられ、「モデル上がりだってこと、封印しようかな」と一緒にインスタグラムをやっていた仲間と、話になりました。

それで、また記事を削除したりしたのですが(その変なおじさんがいいね!クリックした記事とか)インスタグラムは、2008年の小説の時とは違い、初期、ちょっと修正しただけで、小説の時みたいに壊れたりせず、続行しています。

私、壊れなくなったんだな、自分が創ったもの、壊さなくなったんだな、と思います。

2008年12月の小説の時は、評判が悪く、私の声楽の先生から「小説は教室にふさわしい内容にした方がいいと思いますよ」と、ポッとほっぺたを染めた顔文字がついたメールが来たり。

どこがそんなに教室にふさわしくなかったのか、いまだにわからないのですが。

私、普通にしゃべったり書いたりしてるとエロいらしいです。

その小説なのですが、天使と人間の恋物語で、天使が肉体を持って地上におりてきて結ばれ、一緒の生活が始まる、という内容で、自分では「ベルリン天使の詩」がサンプルのつもりだったのですが。

愛だの恋だの、肉体を持って結ばれたいとか、そういうとこ、教室にふさわしくなかったのかなー、と今、自分で思うのですが。

インスタグラムでは、教室の掲示板の時と違って、思ったことガンガンやれて楽しいです。いいね!来るし。

エロい芸術家っているじゃないですか。クリムトとか、エゴン・シーレとか。

私も文章でその部類ならしいです。あと、2017年、「なんにも知らない感じの女の子」と指摘を受けました。

どこがそんなにエロいのか、自分で全くわからないのですが。その2008年の小説とか。

私が、愛、愛、愛情、肉体、とか言って・書いてると、インパクト強いらしいです。

あなたフランスでならウケるから、フランス進出しろ、と言われました。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/25

夢が実現しました!

私の夢に、生徒に、お金じゃなく、持っている洋服とスカーフを遺産として残したい、という夢があります。

その夢の人材選びに、2名、失敗しています。

1人目はNさんという、高校1年生の時から5年間通ってくれていて、今年保母さんに就職して今は忙しくて来ていない子がいるのですが、あげた服を着てくれなかったのです。「照れくさくてかな」とか「私のいない所では着てくれているのかな」と思っていたら、「大学にジャージで通ってる」と言うのでずっこけそうになりました。

2人目は、初めて教えた生徒で、今は大人になって就職している女の子がいるのですが、家が近所なのですが、洋服を持ってその子の家に行ったら、「うちの子デブで先生の服着れない」と言われ、服を持ってトボトボ家に帰ったり。

「夢の実現ってうまくいかないなぁ」と思っていたのですが、夢が実現したのです。

誰に洋服とスカーフを遺産として残すかというと、タイ古式マッサージ店のお姉さんのAさん。

最初、週1回通ってるだけだったのですが、私のファッションを好きだ、と言ってくれて、毎週何着てくるか楽しみだ、と。

あと、私のインスタグラムを見てくれていて、「頭のスカーフの巻き方、どうやるの?」と聞かれ、「この人なら私の死後、頭の上でガンガンスカーフ活躍させてくれるかもしれない」と思ったのです。

それで、カラー診断と骨格診断を行ったら、秋色タイプ・カジュアルタイプという結果がでました。

それで、私の持っている服の中で、秋色タイプの物やカジュアルタイプの物を、袋に詰めて、よいしょよいしょと、お店に持って行きました。

「こんなにいいの?」と言われたのですが、「私の夢の実現に協力してほしい」と、事情を説明し、洋服とスカーフ2枚をもらってもらいました。

Aさんにスカーフの巻き方を教えました。年が1つ違いの女性で、どっちが先に死ぬかわからないのですが、とりあえず、夢が実現しました。

春色タイプである程度体形が似ている女の子が習いに来てくれないかなー、と思っているのですが。でないと、夢が実現しないから。

白髪のキレイなお婆さん先生になって、死後、私の洋服を着たり、スカーフを私が巻いているように頭に巻いたりしてくれる生徒が来るのが夢です。

最初、生徒で、と考えていたのですが、まさかマッサージ屋さんで私の夢を実現できる人材が見つかるとは思ってもみませんでした。

私の潜在意識の働きにびっくりしています。

次は金曜日に行って来ます。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/04/24
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216