桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

今日の出来事

今日、10時~11時半まで教えました。

仕事が終わった後、自転車に乗ってスーパーに行く途中だったのですが、中学生の男の子2人が歩いていました。

中学時代いじめにあい、すごいブス、すごいブスと言われたトラウマ再発でした。

つー、っと自転車で通り過ぎたら、その中学男子から「あの人、可愛い」と言われました。

私、37歳で、8月には38歳になるのですが、そんな歳でも可愛いと言ってもらえるんだな、と思い、ちょっと、いや、かなり嬉しかったし、意外な言葉でした。

今日、中学校で何かあったらしく、スーパーで牛乳・ラーメン・シチュールウを買って、自転車で帰っていたら、今度は中学男子が体操着を着て10名くらいそろっていて、笑ったり、騒いだりしていました。

トラウマ再発の場面だったのですが、通りすぎたら、ボソッと「キレイ」と言われました。

私の誉められ方、面と向かってほめられるより、すれ違った時ボソッと言われるとか、そういうことが多いです。面と向かって「可愛い」「キレイ」と言われることがあんまりありません。

今日、38や39になっても「可愛い」と言われてたら嬉しいな、と思いました。

普通に土崎を歩けるようになったことは、中学時代から絶大なトラウマ・肉体の苦を与えられた私にとって、大きな喜びです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/29

シャドウバンにあってみて

シャドウバンにあってみて、自分とインスタグラムへの姿勢を見直すきっかけになりました。

単なる偶然かもしれないのですが、「ズボンは履かないんですか」というコメントが来たんですね。それでズボンを履いた写真を載せたら、シャドウバンになってしまいました。

人のコメント気にしないで自分の好きなように着なさい、という天の声だった気がします。

5月30日の昼、ズボンを履いた写真を載せてからシャドウバンが始まりました。

それまで、写真1枚を載せると、いいね!いいね!いいね!いいね!と、バーっと来て(インスタやってる人ならわかると思う)、どんな夜中に載せてもそんな感じで、「この人たち、私と同じく不眠症なのかな」「いつ寝てるんだろう」と思ったりして。

明け方に投稿してもそんな感じで、「この人たち不眠症なのかな」と思ったり。昼に投稿してもそんな感じで、写真1枚でワッといいね!が来て、合計で40~50件来たり、多い時は70件とか、そんな感じでした。

シャドウバンになってから、それまでみたいにワッといいね!が来ることがなく、さみしかったです。それでも、シャドウバン中にメイクした顔の自撮り写真でいいね!46件来たりして、シャドウバン中でも、いいものにはいいね!来るんだな、と自信がつきました。

それまで「桜庭さんいいね!多い」と言われたりしていたのですが、自分の中では「写真1枚でいいね!100件来るの目標」「フォロワー1000が目標」と、私のインスタをほめてくれる言葉が届かず、すごくガツガツしているような感じでした。

シャドウバンにあってみて、10人でも20人でも、いいね!をくれる人たちのありがたみを感じました。あと、今フォロワーが800くらいで、自分の中ではフォロワー1000が目標だったんだけど、自分、人のありがたみ感じないでガツガツしてたなぁ、と思いました。

フォロワー800って、特別努力とかしたわけでもなく、インスタ続けてたら自然にその位になった、という感じで、900までいったことはないんですよね。それでも、一般人の方でもフォロワー3000とかの人達、いっぱいいるし。

私もそういうの目指していたんですが、シャドウバンにあってみて、「自分ガツガツしてたなぁ、いいね!が来るだけでありがたいなぁ」と思いました。

自分とインスタグラムへの姿勢などを見直すことになった出来事でした。あと、ズボン履かないんですかとか他人のコメント気にしないで自分が好きな服を着ていよう、と思いました。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/29

今朝は焼きうどんを作って食べました。

今日は、この後10時から生徒さんが来ます。朝食は焼きうどんを作って食べました。昨日ヘルパーさんがうどんや牛肉などを買ってきてくれたので、玉葱・ピーマン・キャベツ・牛肉を使った、ちょっとリッチな焼きうどんを作りました。

ヘルパーさんの味は、ヨシケイのお料理同様、私の中で、好物の味というか、人の温かさを感じる、人生の中で欠かせない、大切な味になりました。

本当はヨシケイと両立させれれば理想的なのですが。

みんな、ヨシケイ高い、高い、と言います。それでヘルパーさん人から紹介されて頼むことになったのですが。

ヨシケイのお料理は、配達してくれる人と仲良くなったり、あと私、母が亡くなるまで料理ができなかったのですが、ヨシケイのおかげで料理ができるようになったんです。

あと、家庭の味のありがたみを教えてくれたの、ヨシケイで。

私の母は、カレーライス1品作ったり、あとドリアとか、あと教員をやっていたので帰りが遅かったのですが、1000円札1枚置いていって、「これでピザとれ」とか。

私、母が生きていた頃、野菜とか魚とか食べたことなくて。

それがヨシケイで家庭の味という物を味わい、人生の中で欠かせない存在になりました。お金や値段が高いとか、そういう問題じゃない。

母の日にハンバーグを注文して、メニュー表に「ハンバーグにケチャップでお母さんの顔を描きましょう」とか、クリスマスには何かしらクリスマスらしい料理がメニュー表に載っていたり、私に家庭の味を教えてくれたのはヨシケイです。

ヘルパーさんとヨシケイ、両立させれるのが理想的です。両方に共通していることは、人との温かい関わりを持てることで、人生の中で欠かせない味になったということです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/29

「男と女のいる歩道」の感想

昨日見たゴダールの「男と女のいる歩道」の感想文です。

アンナ・カリーナ、最初から最後まで哀しげな表情で、「気狂いピエロ」や「女は女である」の元気で可愛いカリーナと違うよ~、と思い、こういう風に色々変身できてこそ、女優なんだなー、と思いました。

アンナ・カリーナが映画館で「裁かるるジャンヌ」(1928年フランス映画)を見るシーンがあるのですが、そのジャンヌダルク役の女優が、頭は坊主に刈り上げられ、顔の皺もばっちり写っていて、女優根性があって、全然きれいな美人役ではなく、苦しんでいるジャンヌダルクの役なのですが、「これでこそ女優だ」と、そのジャンヌダルク役の女優とアンナ・カリーナを思い、尊敬の気持ちを思うほどの女優2人でした。

そのジャンヌダルク役の女優が、2004年、抗がん剤治療で髪の毛が抜けた母にそっくりでした。頭を坊主頭に刈られているジャンヌダルクだったのですが。

皺もばっちり写っていて、母とそっくりでした。

この映画には2004年の私と母の苦しかった貧乏暮らしがギュッとつまっているような映画で(抗がん剤治療に一週間で1万円かかっていた)観終わったら消そう、と思いました。

でも、やっぱり保存しておこう、と思ったのは、昨日書いた、第11章の老人のセリフ「20歳の若者に愛がわかるか」というセリフを聞いて、やっぱり残しておこうと思いました。

アンナ・カリーナのおしゃれなのですが、貧乏役なので、最初から最後まで同じ服だったんですね。

娼婦になってから少し服が派手になるのですが、モフモフコートとか、フリルがたくさんついている白いブラウスとかで、娼婦に見えませんでした。さすがおしゃれ女優のトップのアンナ・カリーナ、と思いました。娼婦役をやっても可愛く清潔感がある感じで。

その最初から最後まで着ている同じ服なのですが、ブラウスの襟元をボタンを止めずにあけ、ネックレスをつけていて、首の美しさを強調。

フランス人って、貧乏でもそうやっておしゃれをしているんですね。

カーディガンを着ている場面があったのですが、そこでも、カーディガンの一番上のボタンのみ止めずに開け、ネックレスをして、首の美しさを強調。

今日はゴダールの「男性・女性」(1966年フランス映画)を観ようかな、と思っていたのですが、13時からヘルパーさんが来てくれる日でした。午前中に見ようかな。

毎週金曜日の16時に来てくれる生徒さんがいるのですが、今日は学園祭で来れないそうです。

明日土曜日、毎週日曜日に来てくれるサラリーマンの男性が、日曜日都合が悪いらしく、明日土曜日、来てくれます。

教室の状況はそんな感じです。

来週は木曜・金曜、生徒さんが来てくれて、日曜日~水曜日まで4連休です。最近仕事をがんばっていたので、ゆっくり休もうと思います。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/28

愛情を受け取ることを学んだ年

愛情を与えることについて学んだのが2007年なら、受け取ることについて学んだのは2017年だった気がします。

私のことを前からずっと好きだったという男性と初めて出会いました。私がその人を知る以前から私を好きだったそうです。

弓なりの形の美しい眉、二重の美しい、優しいキラキラ輝く目の男性で、そんな目で私を見てくれます。鼻は高く、唇の形もきれいで、上唇より下唇の方が、少しふっくらしています。

2007年のトラウマが消えていくような、自分が愛情でひたひた満たされていくような感じがしました。

愛情を与えられ、私はこの人に何を返したらいいんだろう、と思っていたら、「何も返さなくていい」と言われました。

涙が出ました。

2007年は与えて与えて与える一方で、それでも自惚れさせただけで愛情が伝わらず、自分が削られるような感じだったのに、この人はこれだけ私に温かい愛情を降り注ぎ、何も返さなくていいと言う。

人に優しさや愛情を与えて、損することなんてない、と今思います。

運命とは自動販売機みたいにはできていなく、120円入れてもジュースが出てこないのにある日誰かが突然1ℓのジュースを持ってきてくれる、それが運命だ、と石井ゆかりが書いていましたが、本当にそう思います。

2007年にその美容師さんに与えても返ってこなかった愛情が、10年後、他の、私がその人を知る以前から私のことを好きだったという男性から、何十倍にもなって返ってきました。

その男性と出会ってから涙もろくなってしまい、何を見ても泣いてしまいます。

アニメ「ピアノの森」は私のことを号泣させる作用があるアニメで、毎回25分のうち、何かしら涙を流してしまいます。

本当の愛情を知るとこうなるんだな、と思いました。何を見ても泣いてしまいます。最近はちょっと落ち着いてきた部類です。

その男性とは男女の関係はないのですが、大事にしていきたい関係で、クリムトとエミリエみたいに、結婚とか男女の関係とかなくても一生連れ添っていきたいと思っています。本当に大切な人です。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/27

今日思ったこと

今日は、生徒さんは来なかったのですが、色々思うことがあった日で、ピアノ教室の運営をしている女の人からインスタにフォローがあったり、ジャン・リュック・ゴダールの「男と女のいる歩道」(1961年フランス映画)を観ました。

普通の女性でレコードショップの店員をしているナナ(アンナ・カリーナ)が、貧しいことをきっかけに売春を始め、ヒモがついたりして、堕ちてゆくという話だったのですが、どんな普通の女性でも、「貧しい」というきっかけがあれば、誰にでも起こりえることなのではないか、と思いました。

私も、バリバリ稼いでるピアノの先生ではなく、貧しい時代とかあるけど、食費を一回1500円にしてもらって週2回来てもらって、食費を1週間で3000円、月12000円に抑えてくれる、というヘルパーさんを去年の11月から利用しているのですが、そしたら、ピアノのお給料を全部取っておいて自分の好きなことに使える、という金銭状況になりました。それまではお金が入るとすき家・吉野家に消えていくという生活を送っていました。

昨日、生徒さんが来たけど、そのお金で、洋服買ったし。

私が思うことがあったのは、12章から成る映画だったのですが、その第11章。カフェで老人とナナが会話になるのですが、その老人が「20歳の若者に愛がわかるか」という台詞。

中学生、高校生や大学生って、恋に目覚め、恋愛の盛りみたいな時期で、20代で結婚する人もいるし、だけど、本当の恋愛ができるっていうか、恋愛を若い頃よりうまく進めて、大事に壊れないで守っていけるって、ある程度年齢や経験を重ねた大人なんじゃないかな、と思いました。こんなこと書いてるから、あなたの文章日本でウケなくていいね!来ない、と言われてしまうのですかね。

私が、愛は何かということを知ったのは、2007年だったと思います。

2003年の12月(大学3年生の時でした)、初めて行った美容院で、初めて髪を切られた美容師さんに恋に落ちました。

その後、秋田に戻り、美容院からは「その人美容師を辞めた」と聞き、インターネットを使って、ずっとその人を探していました。

そしたら、2006年の6月、その人を見つけました。他の美容院に移っただけでした。

それで、電話をかけたら偶然その人が出て、「ずっと好きだった」と告白したら、「結婚を前提につきあっている人がいて、ごめんなさい」と言われ、「美容師と客の関係でよければ来て下さい」と言われ、9月2日(日付で覚えてる)に会いに行きました。

そしたら、つきあいが長いのと彼女が年上だから結婚の話が出てるだけで、結婚する気ない、とか、普通なら客にしゃべらないような話を髪を切りながらされ、「私はこの人の中に何を見ていたんだろう」と思いました。

あと、私が告白したことですごく自惚れさせてしまい、2003年とは態度などが全然違い、傲慢で、すごく調子に乗せてしまい、私の前ではそんな感じで、他の客の前では2003年の接客の、普通のいい美容師さんで、そういう態度の豹変に腹が立ちました。

2007年の2月に籍を入れ、式とかはしなかったそうです。

私、2007年の4月から、2カ月に1回くらいのペースで、東京の美容院まで通いました。

「この人、何でこんなに、私に告白されたぐらいで自惚れてるんだろう」と思い、出した結論は「女の子にモテたいのにモテなくてこうなんだ」と思い、その人の飢えている気持ちを私が満たしてあげよう、と思い、美容院に通い、服装をほめてあげたり、不幸な結婚生活と父親に悩んでいる美容師(私に髪切りながら色々しゃべった)愛情を与えてあげようと必死でした。それなのに、私が伝えたい愛情は全く伝わらず、自惚れさせただけでした。

2008年にはもう通うのをやめたのですが、愛情がどんなものなのか知ったのは2007年だった気がします。

その美容師さんには、本当に忍耐しました。我慢しながら、愛情を与えてあげようと必死でした。

その話に続きがあるのですが、その美容院のホームページのその人の写真を見せると、みんな「え、この人?」と言います。

私のピアノの生徒も「え、この人?すごい顔・・・」「本当にこの人なの?」と言っていました。

顔が悪いのが原因で女性にもてない美容師さんの自惚れを満たしてしまった1年でした。2003年の接客と技術にだまされました。今では笑い話なのですが。

私が愛情とはどういうことなのか知った2007年でした。本当に忍耐しながら、愛情を与えてあげよう、気持ちを満たしてあげよう、と必死でした。

自分が受け取る愛情ではなく、他人に愛情を与えるということがどういうことなのか、学んだ1年だった気がします。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/27

マスタープランさんありがとうございます

今日、インスタにピアノ教室を運営しているという女性から、フォローが来ました。

ためになる情報が色々書かれていて、ゆっくりひとつずつ読んでいこうと思っています。

その女性の記事によると、ホームページを持っていても生徒が来ない先生っているんだそうです。

あと、私が以前、お金を出して買った、ずっと読みたかった、ピアノ教室を運営している男性の自伝小説があるのですが、その男性も、ホームページを持っていても生徒が来なく、ついにたった一人だった生徒もやめていって、レストランでアルバイトをしながら教室運営を模索していく・・・という話だったのですが、ラストの方で、その男性がホームページを変えたら人が次第に増えていった、と書かれていて(生徒が増えた原因はホームページだけではなかったのですが)私、運が良かったんだなー、と思いました。

私の話なのですが、2005年、家の前のピアノ教室の看板を見て生徒さんが1人のみ来ました。それこそ看板だけでは生徒が集まらず、2008年の春に、このホームページを作ったら、みんな、ホームページを見て来てくれています。

月1件、新規の生徒さんから問い合わせがあったら順調で、月1件も来なかったら、風水に基づいて家をチェックしています。

空のペットボトルって、運を悪くするらしく、資源ごみの日にペットボトルを捨てたら急に問い合わせが来た、ということがあります。

1カ月の問い合わせ最高で4件で(教室に来てくれても、続けて通ってくれるという保証はないのですが)、ホームページと風水で人を呼んでいる教室です。

ホームページを持っていても生徒が来ない先生っているんだー、と思いました。

私がマスタープランさんにホームページを作成して頂くことになった理由なのですが、私の母は教員をやっていたのですが、母の教え子で弥太郎(やたろう)さんという生徒さんがいて、仙台の東北大学に進学した後、機械関係の会社にお勤めしている人がいたんですね。それで、その人の会社かなー、と思い、問い合わせたら、全然別の人の、関係ない会社でした(当時、マスタープランさんが、ヤタロウインターネットという会社でした)。それで、ホームページ作成をお願いすることになりました。

私、運が良かったんだなー、と思いました。ホームページを持っていても生徒が来ない先生っているんだそうです。

担当のSさん、人がちゃんと集まるホームページを作って下さり、ありがとうございます。と、今日、本当に思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/27

美に関する近況

あ、書き忘れたのですが、インスタグラムで、また、すごい所からいいね!が来ました。

フェリシモです。

何年も前の(旧掲示板に写真を載せたりしてたから2014年とかだと思う)フェリシモで、バニラ色のワンピースの会というものがあり、7回届いたら販売終了になってしまったのですが、その中のバニラ色のワンピースにピンク色のカーディガンを着て写真を撮って載せたら、今日、フェリシモオフィシャルから、いいね!が来ました。びっくりしたけど嬉しかったです。

フェリシモの500色の色鉛筆、昨日来た小学1年生の女の子と5歳の男の子が、喜んでお絵かきに使っていました。

フェリシモで買ったスケッチブックを用意したら、「なあに、これ」と言われ、「お絵かきに使っていいよ」と言ったら、喜びまくっていました。

ダイエットのことなのですが、なかなか体重が減らないのですが、ノースリーブを着た時、ぷにっと脇から出ていたぜい肉が消え、ノースリーブが着れるようになりました!あと、太って胸が大きくなっていたらしく、ワンピースの胸の部分のボタンが止まらず、困っていたのですが、胸も小さくなったみたいです。私、上半身痩せに成功したみたいです。

ハニーズで、90年代が懐かしく、当時流行だったスリップドレスとTシャツのセットで2900円の服を買ったのですが、Tシャツの袖で二の腕の根元が隠れると、二の腕が細く見え、私二の腕の付け根は太いけど二の腕全体は太くない、と思い、まじめにノースリーブが着れるようになりました。

ユニクロでノースリーブのワンピースで値下げされているものを買い、喜んでいます。

あと、生まれて初めてGUの服を買いました!生徒さんに「先生らしい色合いですね、暖色系で」と言われました。

ユニクロの黄色いワンピースにオレンジ色のカーディガンを着て歩いていたら、高校生に「あの人すっごいキレイ」と言われてしまいました。色の力が大きいのですが。あと、赤のワンピースの上に黄色のカーディガンを着て自転車に乗っていたら、小さい子供から「あの人すごい美人」と言われました。

よく最近「可愛いは作れる」とか「美人は作れる」とか言われてるけど、私の場合、「キレイ」の要素は、服の色彩による効果が大きいと思います。

赤やオレンジのワンピースに黄色のカーディガンを着ただけで「すっごいキレイ」とか「すごい美人」とか言ってもらえるなら、それでいいじゃないですか。

ただキレイな色をまとうだけじゃなく、自分に似合う色できれいにまとめる、という所がポイントな気がします。

あと、服そのものがキレイな物を身にまとうとか。

小学1年生の女の子に「キレイ」と言われた時身にまとっていたものは、ゾゾタウンユーズドで3000円で買った、カルヴェンの赤いワンピースでした。

これ1枚着るだけでキレイなんだな、と思いました。

中学校でいじめにあい、「すごいブス」と毎日言われまくった時代が本当にトラウマだったのですが、37歳になって、トラウマが溶けていったような感じです。

90年代がトラウマの暗黒時代で、おしゃれを楽しむどころじゃなかったものだから、自分の心を癒すために、ハニーズで、90年代流行だったスリップドレスとTシャツのセットを買い、その当時できなかったおしゃれを今して、心の傷を癒しています。

大人になってから「美人」「桜庭さんのファッション好き」「ステキな人」「肌キレイ」とか、ピアノの先生になって99%の確率で「そんな感じするー」とか言われたりするなんて、中学・高校の頃は思いもしませんでした。

スリップドレスで思い出すのは「魅せられて」のリヴ・タイラーや「好きと言えなくて」のユマ・サーマンかな。

1枚で着る度胸がありません。Tシャツがついてきて、ありがたいです。

また90年代の心の傷を癒しに、ハニーズに行こうと思っています。5月から生徒さんが1人増え、月8000円収入が増えたことになるので、生活などがかなり楽になり、ユニクロやGUやハニーズで服を買う生活の余裕ができ、喜びまくっています。教えていて楽しい女の人だし。

近況はそんな感じです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/25

インスタグラムをやっていて

ひさびさのブログです。

先週の火曜日から、ぎっくり腰になってしまって。

水曜日が痛みのピークで、金曜日から、自然に痛みが引いていきました。

日曜日、サラリーマンのSさんの知り合いの整骨院(目が見えない方がやっているそうです)のことを聞いたら「15分1500円」と聞き、高いなぁ、と思い、日曜日には痛みがかなり楽になっていたので、行ってみようか迷っていたのですが、今日にはだいぶ良くなり、ブンブン自転車を乗り回しています。

ぎっくり腰と、インスタグラムでシャドウバンというものにあって、精神的にも肉体的にも疲れて、生徒さんたちは真面目に来てくれていたので、仕事して、ブログどころではありませんでした。

5月30日から、急にいいね!の数が減り、おかしいなぁ、と思っていたら、シャドウバンといい、あってるの私だけじゃないそうです。

今日からまたいいね!や、顔のメイク写真でいいね!が34件来たり、復活したみたいです。

インスタグラムのことで考えたのですが、フォローが増えたり減ったりしながら、795~800人の間を行ったり来たりしてキープしているような感じなのですが、そのことをタイ古式マッサージのお店のAさんにしゃべったら「すごいじゃない」と言われました。

あと、2017年の秋、マスタープランのSさんに「先生、いいね!多いから、どうやってスマホ管理しているんですか」と言われました。

自分では「私よりフォローや写真1枚でいいね!100件超えたりしてる人たちいる」とガツガツしてる感じだったのですが、シャドウバンにあってみて、いいね!30件とか40件とかクリックしてくれる人がいるのって、どれだけありがたいかとか、795~800人、私のことをいいと思ってくれてる人たちがいるんだなぁ、と、インスタグラムに関して、もっと自信を持って満足してやっていこう、と思いました。

冷静に考えてみたら、ファッション・メイク・土崎の道端のお花とか、そんなもので700以上のフォロワーを作ってしまったということですよね。これ、フォロワー1000目指しているんだけど、工夫や努力が必要なのかもしれないけど。

特に努力とかなく、自分のファッション・メイクのセンスや写真のセンスで700人以上の私をいいと思ってくれてる人たちを作ってしまったということですよね。

もっと自分のセンスに自信を持って、インスタグラムに自信を持って満足しようと思った出来事でした。いいね!と思ってくれる人がいるって、本当にありがたいことですよね。

あと、ピアノの先生でインスタやってるの私だけみたい、と思っていたら、いました。私のインスタグラムにいいね!くれる人、美容関係者が多く、気づかなかっただけで、ハッシュタグで「ピアノ教師」と検索すると、500枚くらい写真が出てきました。

自分、本当に井の中の蛙だったんだなぁ、と思ったのですが、中学時代の「ブス」いじめがひどく、トラウマだったので、「私、プロのメイクアップアーティストとか資生堂とかからメイクにいいね!来る美人だもん」とちょっとうぬぼれたことを、自分で甘やかそうと思いました。ピアノの先生やってる人たちって、発表会の画像とか載せていて、メイク自撮り写真とかファッションとか載せてるピアノの先生は、本当に私だけなみたいです。

そんな感じの近況です。明日の10時、生徒さんが来ます。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/25

教室の近況報告

久々のブログです。

教室のスケジュールは、明日誰も来なくて、水曜~金曜日、3日間仕事です。

14日誕生日の小学1年生の女の子が12日来るのですが、お母さん、私、弟さん、その女の子の4人で、縦長の540円のフォンダンショコラを包丁で4つに切って、食べてお祝いする予定です。

自分の小さい、人数が少ない教室で誇りに思っていることは、生徒さんの誕生日や、クリスマス、イースターなど、何かにつけて生徒さんとお祝いをしていることです。

20人も30人も生徒がいたら、いちいち誕生日を祝うなんてできませんよね。あと、私本人、あんまり、教室の人数増やしたいとか思ってなくて。自分の教室、ベストな人数、8人で。人数が多いと、どうしても困った人とか来るんですよね。9人になったことあるんだけど、2~3回来てやめたり。8人なら、人格がまともで、ちゃんと続けて来てくれて、私も体調に負担ない、と3拍子揃うんですよね。12日はうちの教室の恒例行事、生徒さんの誕生日を祝うという小さいイベントです。教室の様子は、そんな感じです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/10

3日続けて仕事の3日目です

3日続けて仕事の3日目です。

水曜日はドコモショップにお勤めのYさん、昨日は小学1年生の女の子と5歳の男の子。女の子30分で、男の子15分で教えています。

うちに来て2カ月くらいになるのですが、2人とも、指が慣れてきた感じです。

女の子のRちゃんに「これやって」と言うと「これ家でやったよ」と、お家で練習してくれてるみたいで、嬉しかったです。

昨日から、左手の練習に入りました。

仕事が終わった夕方頂いたお給料でなか卵のカツ丼を食べたのですが、おいしかったです。

今日金曜日に夕方4時に来るのは、高校2年生の女の子。保母さんを目指しています。

今、教室で困った生徒さんとかいなくて、今日も夕方4時から楽しくレッスンできそうです。

土曜日は誰も来なく、日曜日の朝10時にサラリーマンのSさんが来てくれます。月曜日はドコモショップにお勤めのYさんが来てくれるのと、朝10時から1時間、タイ古式マッサージのお店に行くので、ちょっと忙しい日です。

仕事が軌道に乗ってきたのかな。

今、東京で「ラファエル前派展」をやっていて、東京まで行けないので、図録を通販で購入します。月曜日は、ルピナスに行ったり、郵便局に行ったり、仕事を労働時間1時間だけだけどやったり、ちょっと忙しい日です。

教室と私のスケジュールはそんな感じです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/31

ピアニストになるためのコンクールって凄まじいね・・・

アニメ「ピアノの森」を見て、私が高校2年生の時から大ファンの、スタニスラス・メラールさんというフランスの俳優さんがいるんですが、「ピアノの森」を見て、「メラールさん、こういう世界にいたのかな」と。

22歳の時、才能に限界を感じピアノを辞めたと「アドルフ」のパンフレットに書かれていたのですが。2004年。

私が2005年、ピアノ教室を開いたり、最初仕事が嫌だったけど2007年には一生の仕事としてやっていくと決めたり、メラールさんも2003、2004年とは色々、違うこと、あると思います。

「ピアノの森」を見て思ったことは、とにかく、凄まじい争いで。メラールさん、競争心薄い方なみたいだから、これだけ凄まじい争いから身を引いたのかな、と思ったり。

世界的なピアニストになるには、コンクール必須ならしく、私、コンクール経験ありません。4年生の音大卒業して自宅でピアノ教室やってますって感じです。

1日の労働時間1時間で、暇が多い職業だけど、母が生きていた時、虐待的にピアノをやらされ、2006年に母は亡くなったのですが、母が亡くなっても体調不良がしばらく治らず、1日の労働時間1時間でちょうどいいと感じていて、自分を甘やかしています。

メラールさんが、フランス限定でピアニストになりたかったのか、世界的なピアニストとしてデビューリサイタルを開いたりしたかったのか、わからないのですが。あと、日本なら東大に匹敵するエコール・ノルマルを、卒業したのか、中退したのか、それも日本にいると情報が入ってこなくてわからないのですが。

「ピアノの森」を見て、「メラールさん、こういう世界にいたのかな」と思いました。とにかくピアノを美しく楽しく弾くとかじゃなく、ライバルや、コンクールで1等を取るためにピアノの練習をしている、凄まじい争いの世界だな、という印象を持ちました。

好きな俳優さんや女優さんがいたら、その人や、その人が味わった世界を味わいたい、と思うのが、当然の感情でしょう。

インスタグラムを44件クリックしてブロックされてしまったファンだけど、陰ながら日本で応援しています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/24

今日の仕事が終わりました。

今日の仕事が終わりました。保母さんを目指している高校2年生の女の子です。

ミスチルの「しるし」を練習しています。

右手は簡単なんだけで、左手が、先生の私でも難しくて。それでも弾こうとしていて、学生時代の私と違うなぁ、偉いなぁ、と感心して見ていました。

「ダーリン、ダーリン、色んな角度から君を見ていた そのどれもが美しくて僕は愛を思い知るんだ」という歌詞なのですが、私、恋愛と縁遠い人生を送ってるものだから、結婚している47歳の生徒さんに「奥さんにこういうこと思う?」と聞いたら、「そんなの思うの最初だけだ」と言われ、2人で笑い転げました。

恋愛と程遠い人生を送っているのでよくわからないのですが、こういうことを思ってくれる男性と恋愛やお付き合いををしてほしいなぁ、と思いました。

私の大好きな映画「絹の靴下」というミュージカル映画(たしか1957年のハリウッド映画だと思う)で「all love you」という歌を、フレッド・アステアが歌うのですが、「君の鼻が好き、口が好き、目が好き、東西南北君のことならどの角度でも好き、どうか僕に少しでも愛情をくれないか」というような内容の歌なのですが、「どの角度から見てもあなたが好き」というのが、「本当の愛」なのかなぁ、と思いました。クサいかもしれないんだけど。

サクサク進む女の子で、2月から毎週金曜日の午後4時、学校が終わったら来てくれています。ピアノを習うのが全くの初めての子で「こどものバイエル2」をやっているのですが、ちょっと教えるとすぐ弾けるようになり、飲み込みが早く、「この子、もっと早くピアノ習ってたら、音大行けたのに」と思っています。

今日の仕事はそんな感じでした。明日は誰も来なく、日曜日にサラリーマンのSさんが来てくれます。来週は3日連続で仕事で、29日~31日まで仕事です。労働時間1日1時間だけど。

眠れなくてブログを書いています。今日頂いたお給料で食料を買い、スーパーに行けばある、キャベツのサラダとドレッシングを買ってきて、1袋食べてしまいました。ヘルパーさんが買って来てくれる野菜、にんじん・じゃがいも・玉葱といった感じなので、サラダに飢えていたみたいです。自分のお給料で食べたい物を買うっていいですね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/24

今日の仕事が終わりました。

今日の仕事が終わりました。

ドコモショップにお勤めの女性が、今日お休みで、朝10時から、1時間教えました。

ピアノ経験がある女性で、すごく教えやすいです。

話とかも楽しい女の人です。

次は来週の水曜日がお休みで来てくれるそうです。

あ、私のダイエットの報告です。

1㎏、瘦せました。

毎朝起きたら筋トレをしています。

時間計っていないけど、20~30分だと思う。

あと、キーマカレーと紅茶を飲んでいたら、1㎏瘦せました。

10㎏痩せるの目標です。

2004年、秋田に帰ってきてから、太って、持っていた服が着れなくなり、大学に毎日通うだけで運動になってたらしいんですよね。自宅でピアノ教室を開いたら、さらに太ってしまい。体重計を捨ててしまいました。2人目に来た生徒さんに「がっちりしてる」と言われました。

2009年から、人から「あなた、着やせするから11号の服着ればいい、無理して9号の服にこだわらなくていい」と、助かるアドバイスをもらい、11号とか、Lサイズの服とか、ウエストゴムのスカートとか着ていたら、2012年頃から、みんなから「痩せてる」と言われるようになり、かなり、気持ち的に楽になりました。

今回は、持っていた服でチャックが上がらない服続出、ウエスト入っていたのに着れなくなったボトムス続出、という状況だったので、持っていた服に愛着があったので、ダイエットを決意しました。アマゾンから15年ぶりに体重計を買ったのですが、書けないような体重でした。生徒さんから「そんなに太ってる様に見えない」と言ってもらえるのが心の救いです。私、本当に着やせするみたいです。

ウエストゴムのボトムや、ワンピースでチャックが上がって着れるものを着まわしています。

今日の仕事、終わり。頂いたお給料は、アマゾンで本を買うための貯金と食料の調達に使います。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/21

今日の仕事が終わりました。

今日の仕事が終わりました。毎週日曜日の朝10時に来て下さっている、サラリーマンのSさんです。

ベートーヴェンの月光を教えました。

Sさんが嫌がってるのわかっているのですが、「月光を弾けるようになるためにやって」と、「こどものバイエル」の「指の練習」をやらせています。

今日、先週より少し進みました。

Sさんの手、あじのの手(アニメピアノの森の音楽教師。世界的ピアニストだったけど交通事故でピアノが弾けなくなって、小学校の音楽教師をやっていた。ラスト、海くんはショパン国際コンクールで手にした賞金をあじのの手の手術代に使い、「あじのの手は赤ちゃんみたいに産まれたばかりの手なんだから」と師匠にピアノを教え、あじの壮介復活リサイタルを開き、ステージであじのと2人、ピアノを弾いて終わる)がサンプルだね、と言っていて。

今日は大サービスして1時間50分を2000円で教えたのですが、「赤ちゃんの手から、よちよち歩きの手になってきたかなぁ」と本人が言っていて、よかったです。

今日の仕事、終了です。

ピアノ教師の労働時間、1日1時間50分。

頂いたお給料でパンを買いに行って来ます。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/19

私のライフワークになりそうなこと

私、伊藤ひさ子さんのファンなのですが、ひさ子さんが「文章を発表するようになってから、女性の生き方に関心を持って、課題のひとつにしてきた」と書いていたのですが、私が、「これ、ライフワークの一つになるかもしれないなぁ」と思っていることがあって(ひさ子さんの旦那さんは産婦人科医で、女性のスポーツについて長年研究している、と。そっくり夫婦なみたいです)。

私がそうなりそうだなぁ、と思っているのは、「男性アーティストは父親と仲が悪い人が多いのはなぜなのか」と。

私は、母親と仲が悪かったです。

どうして男性アーティストって、父親と仲が悪い人が多いんだろう、と不思議に思って。

母親と仲が悪かった私だから、研究できることかもしれませんね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/18

葛藤が以前よりなくなってきました

最近、自分の中で葛藤が少なくなってきたな、と最近思っています。

人に自分のことを説明する時、「母からやらされてピアノが嫌だったけど、職業に就いてみたら天職でした、って感じ」と言うのが、口癖の様になっていて、聞いてる人も納得してくれるし、自分でも不快感がありません。なくなったのかな。

ピアノ教室は2005年に母親から開かされて、人からはいい風に、ピアノを好きで仕事にしてる風に見られまくっていたので、葛藤がすごかったです。

人に、虐待並みに母親からピアノをやらされて仕事をしていると言うと、聞いた人は涙を浮かべ、その顔を見てすっきりしていました。

誰か私のことをわかってくれる人が欲しかった。

ピアノの生徒からは「私が初めて来た時どう思ったか」と怒ったように言われました。「ピアノを母さんに嫌々やらされただけで、あなたのことは嫌ではない」と言うと、ほっとした表情を浮かべていました。

自分、ピアノ教師意外に、副業持とうと思っていて。作家業です。まだ1冊も出版してないけど。

完成したけど思いついた時にフッと書いたものを原稿用紙にまとめて、無印良品のバインダーでまとめています。

それを、今清書しています。運命の男と出会うことを夢みているバレエ教師の話。ピアノ教師は、先生にもよるけど、ひまが多い職業で、1日の労働時間、生徒2名に教えて2時間、4人教えたら4時間、と労働時間が短い商売です。ひまな時、原稿用紙にきれいな字で、清書しています。あと、過去の掲示板だった時代、予告していた、「恋するダンテ・ガブリエル・ロセッティ」完成しました・・・。後は清書して出版社に送るだけです。それとブログ本、写真集、と4作出版予定です。

2005年、たった1人だった生徒に「先生、ピアノ意外に何か仕事してるの」と聞かれたのですが。「作家業」と答えれたらかっこいいですね。その子、今は大人になって、来てないんだけど。

ピアノ教師は、自分に似合う服を1枚まとった様なもので、天職で、死ぬその日まで続けるつもりでいます。

私、母親の虐待のせいで、母が亡くなった今でも体調不良ぎみだから、「作家業をしているのでピアノ教室の生徒は8人に限定しています」となるのが夢なんですけど。ルイサダ教室。「ピアニストとして仕事が忙しいので弟子は6人に限定して指導している」という。

現状はそんな感じです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/18

教室の現状はこんな感じです

昨日、2人教えました!

今日は誰も来なく、日曜日にサラリーマンのSさん、火曜日にドコモショップにお勤めのYさん、木曜日にRちゃんとS君の兄弟、また来週の金曜日に、昨日来てくれたAさんが来てくれます。教室の現状はそんな感じです。

1人生徒さんが増えるだけで、気持ちがしゃきっとするね。

昨日、新規の生徒さんでドコモショップにお勤めのYさんが来てくれて、続けて火曜日に来てくれるって。

よかった、よかった。

教室に、月1回新規の生徒さんから問い合わせがくれば順調なのですが、問い合わせがあっても、続けて来てくれるかわかんないんですよね。

私が浪人時代の頃、「くたばれ専業主婦」という本が発売されて、社会問題になっていましたが、私、その頃、大人になったらピアノ教室をやることになるとは思ってもみなかったのですが、正直な話、専業主婦に嫌な思いをさせられること、多いですね。

教室に1回、初めて来てみると、「主人と相談してみます」が口癖で。

それで、結局来ないんですよね。本当に来たい人って、ご主人と相談しなくても来るんですよね。あと、働いているお母さんの子供だと、お金に余裕があるのか、続けてくれる子が多いです。今の教室の生徒層、サラリーマン、働いている女性、ヘルパーさんをやってるお母さんの子供さん、高校生、そんな感じです。

教室の現状はそんな感じです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/18

教室のテーマソングが変わりました

今までの教室のテーマソングはマルグリット・デュラスの「愛人 ラマン」でした。

14歳の主人公の女の子は、金にためと割り切って、32歳の中国人の男性とつきあう。愛してるとは思っていなかった。お金のためだと割り切っていた。

しかしフランスに戻る船の上で、自分はあの男を愛していた、と気づき、泣き崩れるのですが、私、ピアノを嫌だと思っていた。それでも本当はピアノを愛していたのではないか。「愛していたのだが彼女には見えなかった愛、水が砂に吸い込まれて消えてしまうように」。

私がそう気づき、泣き崩れたのは、ピアノ教室を始めて3年になった2008年の春でした。その後、ホームページを作り、みんなホームページを見て、来てくれています。

映画化された「愛人 ラマン」も好きなのですが、私、自分が音楽に愛されたと思っていた。家にある本で、クリスチナ・ロセッティの「私が最初にあなたを愛した それから」という詩があるのですが、

「最初に愛したのは私 でもそれからあなたの愛は私の愛を超えて舞い上がり高々と歌を歌った」

これ、ピアノから私へのメッセージに見えていて。

ピアノはずっと私に嫌がられていたのに、私のそばにいてくれた。そのことに罪悪感がひどかった。それでも、私はピアノ・音楽を愛しているのではないか。

最初に私を愛したのはピアノ。嫌だったのに、今では高々と、ピアノを愛している、と歌っている。

「私が嫌ったのに向こうが愛しているんだわ」と調子づいてる面もあった。それなのに音楽は私を愛してくれ、私も音楽を愛してるのではないかと思うようになった。

クリスチナのこの詩を読むだけで、涙ぼろぼろです。「長かった 私の愛は」本当ですね。ピアノ・音楽を愛している先生、そんな普通の先生になることが、こんなにも難しかった。

うちの母は、自分が音楽が好きなだけで、憧れているだけで、音楽・ピアノが選んでくれた・愛してくれたのは、娘の私だった、という所が、人生って皮肉にできている所だと思います。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/07

今日の仕事が終わりました。

今日、夕方4時10分から4時55分まで、小学1年生の女の子と5歳の男の子の兄弟2人に教えました。

女の子が30分、男の子が15分です。

私、自分がすごく疲れやすい子供で、ピアノを弾くだけで疲れていたから、その女の子(Rちゃん)に「すごく今日ハードだったと思う」とお母さんに行ったら、お母さんが「R、疲れた?」と言ったら、普通に「楽しかった」と言っていて、私の考えすぎが多いみたいです。

浪人時代、母に嫌々ピアノをやらされて、母から逃げたくて東京の大学に入りたくて、音大に入りたかったとかじゃないから、私の浪人時代の先生、25分おしゃべりして、残り5分ヤマハの電子ピアノを弾いたりして教えてくれていたのですが、よく教えてくれてたと思う。私、自分がピアノ教師になって、人に教えていたら。

母と仲が悪くて嫌々ピアノをやらされていることを気づかって指導してくれてたんだと思います。

Rちゃんは素直にピアノを弾いてくれているのですが、男の子の方が、なかなか進まなくて。

スーパーマリオの曲が好きで、その曲なら大喜びするらしく、今プリント楽譜というサービスがあって、コンビニで楽譜を買えるのです。400円くらいで。

それで私が「プリント楽譜で調達してきます」と言ったら、お母さんが男の子に「誰のために楽譜用意してくれると思ってるの」と言い、騒いでいた男の子が、静まりました。

レッスンが終わったら、すぐローソンに自転車を走らせ、プリント楽譜で、スーパーマリオの曲を調達してきました。

明日水曜日は何の予定も入っていないので、1日スーパーマリオの曲を練習して過ごすと思います。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/07
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216