桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

ムカつくことが減ってきて社会的キャラになじんできました。

今年の4月1日で、ピアノ教室を開いて15年になります。

人から、いい風に見られることに慣れてきました。

私が感情移入しているのが、ユマ・サーマンとアンジェリーナ・ジョリーで。

デビューして、インタビューで髪をバサバサにして顔を隠し、ダボダボのセーターで体の線を隠していた、ユマ・サーマン。「もっときれいにしてくれればもっと売れるのに」と言われていた、ニキビだらけでTシャツとジーンズ姿だったアンジェリーナ・ジョリー。

私、2005年、ピアノ教室を開いて、外を歩いていて「あっ、ピアノの先生だ」と知らない高校生から言われるのが、すごく嫌でした。

そしたら、マーロン・ブランドが、デビューしたての頃、「あっ、マーロン・ブランドだ」と言われるのが嫌だったと聞き、「私ひとりじゃないんだ」と気持ちが楽になりました。

あのマーロン・ブランドも同じこと考えていたと知り、ちょっと得意っけになりました。マーロン・ブランドと同じ感受性をしていたんですね。それを知った時、嬉しかったです。すごく嫌だったことが、喜びに変わりました。

2005年はそのことを知らず、小学生・中学生・高校生から「あっ、ピアノの先生だ」と言われるのが、本当に嫌でした。

「社会的キャラ」という言葉を知ったのですが、「ピアノが好きでお嬢様なピアノの先生」という、人目・外面に、ムカつかなくなったんですね。

私、2005年は肌荒れがひどく、それでも化粧したらきれいだったらしく、美人なピアノの先生扱いで、外を歩いていたら知らない学生から「あっピアノの先生だ」と言われまくっていました。

同じ家で、母が塾をやっていたのですが、みんなから「塾の先生の家」じゃなく「ピアノの先生の家」と呼ばれていました。

ピアノを弾いてると家の外に人が集まってきたり、家をのぞかれたり、本当に嫌でした。母に嫌々やらされたピアノだったのに、みんなからピアノを好きで仕事にしていると思われていて、本当に嫌でした。

「社会的キャラ」になじめなく、2005年の冬ころから自分が崩壊していく感じでした。2006年7月14日に母が亡くなり、母方の親族が家にわっと集まってきたのですが、「もっときれいに」とか「悠佳里って風呂入らないの」と言われたりしました。

2007年も肌荒れがひどく、2008年頃には良くなってきました。

今現在の肌の話なのですが、ノーファンデで、みんなから「肌めちゃくちゃきれい、本当にファンデーション塗ってないの?」と言われています。

ユマ・サーマン、アンジェリーナ・ジョリーの気持ちが、痛いほどわかります。「きれいな女優」という社会的キャラになじめなかったんですね。今は二人ともきれいにしてますよね。

私、ピアノの先生を15年やって、やっと社会的キャラになじんでるんだと思います。

私のピアノは、よく15年も辛抱していてくれたと思います。私が仕事を愛したんじゃなく、仕事が私を愛してくれていて、辛抱強く、待っていてくれたんだと思います。

4月1日にはケーキを買ってお祝いしようかな。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2020/03/09
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216