桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

教室のテーマソングが変わりました

今までの教室のテーマソングはマルグリット・デュラスの「愛人 ラマン」でした。

14歳の主人公の女の子は、金にためと割り切って、32歳の中国人の男性とつきあう。愛してるとは思っていなかった。お金のためだと割り切っていた。

しかしフランスに戻る船の上で、自分はあの男を愛していた、と気づき、泣き崩れるのですが、私、ピアノを嫌だと思っていた。それでも本当はピアノを愛していたのではないか。「愛していたのだが彼女には見えなかった愛、水が砂に吸い込まれて消えてしまうように」。

私がそう気づき、泣き崩れたのは、ピアノ教室を始めて3年になった2008年の春でした。その後、ホームページを作り、みんなホームページを見て、来てくれています。

映画化された「愛人 ラマン」も好きなのですが、私、自分が音楽に愛されたと思っていた。家にある本で、クリスチナ・ロセッティの「私が最初にあなたを愛した それから」という詩があるのですが、

「最初に愛したのは私 でもそれからあなたの愛は私の愛を超えて舞い上がり高々と歌を歌った」

これ、ピアノから私へのメッセージに見えていて。

ピアノはずっと私に嫌がられていたのに、私のそばにいてくれた。そのことに罪悪感がひどかった。それでも、私はピアノ・音楽を愛しているのではないか。

最初に私を愛したのはピアノ。嫌だったのに、今では高々と、ピアノを愛している、と歌っている。

「私が嫌ったのに向こうが愛しているんだわ」と調子づいてる面もあった。それなのに音楽は私を愛してくれ、私も音楽を愛してるのではないかと思うようになった。

クリスチナのこの詩を読むだけで、涙ぼろぼろです。「長かった 私の愛は」本当ですね。ピアノ・音楽を愛している先生、そんな普通の先生になることが、こんなにも難しかった。

うちの母は、自分が音楽が好きなだけで、憧れているだけで、音楽・ピアノが選んでくれた・愛してくれたのは、娘の私だった、という所が、人生って皮肉にできている所だと思います。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/07

今日の仕事が終わりました。

今日、夕方4時10分から4時55分まで、小学1年生の女の子と5歳の男の子の兄弟2人に教えました。

女の子が30分、男の子が15分です。

私、自分がすごく疲れやすい子供で、ピアノを弾くだけで疲れていたから、その女の子(Rちゃん)に「すごく今日ハードだったと思う」とお母さんに行ったら、お母さんが「R、疲れた?」と言ったら、普通に「楽しかった」と言っていて、私の考えすぎが多いみたいです。

浪人時代、母に嫌々ピアノをやらされて、母から逃げたくて東京の大学に入りたくて、音大に入りたかったとかじゃないから、私の浪人時代の先生、25分おしゃべりして、残り5分ヤマハの電子ピアノを弾いたりして教えてくれていたのですが、よく教えてくれてたと思う。私、自分がピアノ教師になって、人に教えていたら。

母と仲が悪くて嫌々ピアノをやらされていることを気づかって指導してくれてたんだと思います。

Rちゃんは素直にピアノを弾いてくれているのですが、男の子の方が、なかなか進まなくて。

スーパーマリオの曲が好きで、その曲なら大喜びするらしく、今プリント楽譜というサービスがあって、コンビニで楽譜を買えるのです。400円くらいで。

それで私が「プリント楽譜で調達してきます」と言ったら、お母さんが男の子に「誰のために楽譜用意してくれると思ってるの」と言い、騒いでいた男の子が、静まりました。

レッスンが終わったら、すぐローソンに自転車を走らせ、プリント楽譜で、スーパーマリオの曲を調達してきました。

明日水曜日は何の予定も入っていないので、1日スーパーマリオの曲を練習して過ごすと思います。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/07

モデル時代の思い出話

今日、インスタグラムで、イトキン(オフオンなどを扱っている服飾メーカー)からいいね!が来て、びっくりして、私のファッションいいんだな、と思いました。

インスタグラムをやっていると、時々びっくりするような企業からいいね!が来ますね。資生堂とか。

私、資生堂ウケする顔ならしく、モデル時代も資生堂の仕事しかありませんでした。仕事がほとんどないモデルで、ヴィダルサスーンのオーディションにも行かされたのですが、受からなく、資生堂の仕事ばかりしていました。

最初に写真選考があるんですね。それで、写真選考に受かるとオーディションに行かされ、オーディションに受かると、初めてそこで仕事が決まった、という話になるのですが。

ヴィダルサスーンは、写真選考では受かるのですが、オーディションに行くと、必ず落とされていました。

私、すごいくせ毛で、髪の量が多くて。

大学1年の時、夕方、モデル事務所からの電話で「今から築地にオーディションに来れるか」と言われ、生まれて初めての東京で暮らして1年もたっていなかったので、怯えまくりました。八王子の滝山という、東京の中の田舎の地域に住んでいたので、次に来る、八王子駅行きのバスは何時なんだろう、という感じで、行けなかったのですが。養命酒のCM出演のオーディションで、有名なタレントさんが「養命酒はじゅわっとした食感がいいのです」と言うと、横で私が「じゅわ~」と一言言うだけだ、とってもいいお話だと思うんだけどなぁ~、と当時の悪徳マネージャーから言われました。コートも私の自前だったそうです。CMに出ているモデルさんの衣装って、全部スタイリストさんが用意していると思っていたのですが。

とにかく、そのCMの監督が私を気に入ってたらしく、オーディションに行ってたら受かる勢いだったらしいです。

その時は話がチャラになったのですが、「また声かけるから」と言っていたそうです。

そしたら、またその監督からの仕事の話があったのですが、大学1年の時の春休みで、秋田に帰っていて、「あれ、携帯に留守電入ってる」と気づいて、聞いたら、仕事の話でした。秋田に帰っている時に気づいて、また仕事をチャラにしてしまい、いい話をだめにした、とマネージャーから怒られまくりでした。その監督から再び仕事の話が来ることはありませんでした。

モデル時代の裏話でした。今はスタイリストさんついてなくても、セルフコーデでイトキンからいいね!が来ます。古着とノーブランドのセルフコーデです。

インスタグラムでフリーのモデルみたいなことをしている今の方が、あの時代より楽しいです。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/05/07
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216