桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

美肌の素、草花木果

3月5日から、化粧水通販の「草花木果」がリニューアルしました(私が草花木果の関係者で宣伝してるとかじゃありません)。

今、草花木果の「ゆずのよりしっとり化粧水」を夜6プッシュ、朝は4プッシュでその上に「ビオレさらさらUVのびのびキッズミルク」(日焼け止め)を塗ってお手入れ完了です。

「よりしっとり化粧水」とただの「ゆずのしっとりタイプ化粧水」の二種類があるのですが、ただのしっとりタイプは、効き目ないんです。「よりしっとり」タイプでないと、効き目ないんです。

私の美肌の素、草花木果のゆずのよりしっとり化粧水。

3月4日までにまとめ買いしておけばよかったー、と強烈に後悔しています。

リニューアルしてから、化粧水が「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類になりました。商品名に「ゆず」とかついてないのですが、ゆずの成分が入っているそうで、安心しました。

サンプルを使ってみたら「あ、大丈夫かも」と思いました。

でも不安です・・・。

ビオレのミルクタイプの日焼け止めで、美肌保てるかなぁ・・・。

「よりしっとり化粧水」をまとめ買いしなかったことを、強烈に後悔しています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/03/20

スピリチュアルな気づきがありました

キレても必要なことってちゃんと言わなきゃいけないんだなぁ、と今回のことで思ったのですが、自分の過去のことをふりかえると、そういう事色々あるなぁ、私自分が我慢していることばっかりだったんだなぁ、とスピリチュアルな気づきというか、思い当たることがありました。

2008年~ポーラのエステに通っていたのですが、2014年に私の担当だったTさんという女性が、辞めることになったのです。

それで、「悠佳里さん、悠佳里さんがやめると、私のせいでやめたって上の人に怒られるから、エステ続けてくれない?」と言われました。

エステに行ったら、所長さんと、次に私の担当になるという(勝手に決められていた)Yさんというエステティシャンの女性と、他のエステティシャンの方とTさんがっつり4人そろって、客の私を逃さない、やめさせないようにしてる気ムンムンでした・・・。

本当はその場で「Tさんが辞めるから私もやめます」と、言えばよかったのですね。

そこを押し切られてというか・・・。

Yさんに変わってからも、やめるということ、できたと思う。

それがずるずる続いて・・・。

一番最後に担当になったのがMさんというエステティシャンだったのですが、私、ポーラには嫌々通っていました。人柄などは問題ない方だったのですが、化粧水の量が少なくて。

機械で肌チェックするんですね。それで、肌の表面は潤ってるけど肌の奥が乾燥している、と言われ、1万円する化粧水を買わされました。これ3プッシュ使って、って。その化粧水の量が少なく、こんな小さい量で肌が潤うほうがおかしい、と思うような量の少なさなのです。月1回嫌々エステに行くたびに、化粧水切れたから1万円、マッサージクリームが切れたから1万円、と1カ月で1万円の出費で、何もきれてない時は「パックがきれたから半年6回分、3万円」と、毎月、万単位の出費だったのです。

あまりに金銭的に負担だったので、2017年の2月に、ついにやめることにしたのですが、円満にやめれてよかったです。

草花木果という通販化粧水の、2900円の、自分で見つけてきて選んだ化粧水を6プッシュ使うようになってから「すっごい肌きれい」とみんなから言われます。ポーラの1万円の化粧水3プッシュだった時代は、人からそんなこと言ってもらえませんでした。

どうしてもっと早くポーラをやめなかったんだろう、と今日の朝、朝の新鮮な空気の中を散歩している時、フッと思い、我慢ばっかりしないで、必要なことキレても言わなきゃいけないとか、もっと早くポーラをやめていればよかったのに、我慢ばっかりしていたなぁ、と思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/03/20

キレても、必要なことって、人に言わないといけないんだなぁ、と思いました。

2018年の8月に、新規の生徒さんが、お母さんといらっしゃいました。

高専?という高校と短大がくっついている学校?私もよくわからないのですが、そこの高校1年の男の子でした。趣味でピアノを弾きたい、と。それで、水泳部に入っていて、水曜日か土曜日しか来れない、というのです。

それで、水曜日の夕方に来ることになったのですが、最初、真面目に通ってくれていたのですが、水曜日の夕方になっても来ないから、電話したら、学校が終わらなくて行けなかった、と。

普通、学校が終わる時刻ってわかるじゃないですか。高専って、すごく忙しい高校で、その日の朝学校に行かないと、その日の帰りの時刻がわからないという学校なのだそうです。

それで、学園祭の準備で行けない、とか、来れないことが続き、辞める気もなかったらしく、向こうが出した条件は、「水曜日の午後3時半~5時半の間に、今日は何時にレッスンに行くかとか、今日は行けないとか、先生(私)の携帯に連絡して決める」と提案してきて、「え・・・」と思ったけど、その条件をのんで、水曜日の午後3時半から、ずっとスマホのそばにいて、電話を待っていました。

そしたら、夕方6時半に電話してきて、「5時半に電話できなかったの?」と言ったら、「学校が今終わって、できなかった」と。

連絡自体がない時もあり、私も堪忍袋の緒が切れるという表現がありますが、まさにそんな感じで、「今週も先週も連絡がありませんでした、こんなわがままな条件でやってる教室、うち以外みつからないと思います。レッスンをやめさせていただきます。」とキレてメールを送ったら、お母さんが謝って下さり、円満に、辞めることが決まりました。

私がキレてなければ、今頃も毎週水曜日に来ない電話を3時半~5時半まで待つという水曜日の負担が続いていたんだなぁ、と思います。

キレても、必要なことってちゃんと相手に言わないといけないんだなぁ、と今回のことで思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/03/20
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216