桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

愛情を受け取ることを学んだ年

愛情を与えることについて学んだのが2007年なら、受け取ることについて学んだのは2017年だった気がします。

私のことを前からずっと好きだったという男性と初めて出会いました。私がその人を知る以前から私を好きだったそうです。

弓なりの形の美しい眉、二重の美しい、優しいキラキラ輝く目の男性で、そんな目で私を見てくれます。鼻は高く、唇の形もきれいで、上唇より下唇の方が、少しふっくらしています。

2007年のトラウマが消えていくような、自分が愛情でひたひた満たされていくような感じがしました。

愛情を与えられ、私はこの人に何を返したらいいんだろう、と思っていたら、「何も返さなくていい」と言われました。

涙が出ました。

2007年は与えて与えて与える一方で、それでも自惚れさせただけで愛情が伝わらず、自分が削られるような感じだったのに、この人はこれだけ私に温かい愛情を降り注ぎ、何も返さなくていいと言う。

人に優しさや愛情を与えて、損することなんてない、と今思います。

運命とは自動販売機みたいにはできていなく、120円入れてもジュースが出てこないのにある日誰かが突然1ℓのジュースを持ってきてくれる、それが運命だ、と石井ゆかりが書いていましたが、本当にそう思います。

2007年にその美容師さんに与えても返ってこなかった愛情が、10年後、他の、私がその人を知る以前から私のことを好きだったという男性から、何十倍にもなって返ってきました。

その男性と出会ってから涙もろくなってしまい、何を見ても泣いてしまいます。

アニメ「ピアノの森」は私のことを号泣させる作用があるアニメで、毎回25分のうち、何かしら涙を流してしまいます。

本当の愛情を知るとこうなるんだな、と思いました。何を見ても泣いてしまいます。最近はちょっと落ち着いてきた部類です。

その男性とは男女の関係はないのですが、大事にしていきたい関係で、クリムトとエミリエみたいに、結婚とか男女の関係とかなくても一生連れ添っていきたいと思っています。本当に大切な人です。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/27

今日思ったこと

今日は、生徒さんは来なかったのですが、色々思うことがあった日で、ピアノ教室の運営をしている女の人からインスタにフォローがあったり、ジャン・リュック・ゴダールの「男と女のいる歩道」(1961年フランス映画)を観ました。

普通の女性でレコードショップの店員をしているナナ(アンナ・カリーナ)が、貧しいことをきっかけに売春を始め、ヒモがついたりして、堕ちてゆくという話だったのですが、どんな普通の女性でも、「貧しい」というきっかけがあれば、誰にでも起こりえることなのではないか、と思いました。

私も、バリバリ稼いでるピアノの先生ではなく、貧しい時代とかあるけど、食費を一回1500円にしてもらって週2回来てもらって、食費を1週間で3000円、月12000円に抑えてくれる、というヘルパーさんを去年の11月から利用しているのですが、そしたら、ピアノのお給料を全部取っておいて自分の好きなことに使える、という金銭状況になりました。それまではお金が入るとすき家・吉野家に消えていくという生活を送っていました。

昨日、生徒さんが来たけど、そのお金で、洋服買ったし。

私が思うことがあったのは、12章から成る映画だったのですが、その第11章。カフェで老人とナナが会話になるのですが、その老人が「20歳の若者に愛がわかるか」という台詞。

中学生、高校生や大学生って、恋に目覚め、恋愛の盛りみたいな時期で、20代で結婚する人もいるし、だけど、本当の恋愛ができるっていうか、恋愛を若い頃よりうまく進めて、大事に壊れないで守っていけるって、ある程度年齢や経験を重ねた大人なんじゃないかな、と思いました。こんなこと書いてるから、あなたの文章日本でウケなくていいね!来ない、と言われてしまうのですかね。

私が、愛は何かということを知ったのは、2007年だったと思います。

2003年の12月(大学3年生の時でした)、初めて行った美容院で、初めて髪を切られた美容師さんに恋に落ちました。

その後、秋田に戻り、美容院からは「その人美容師を辞めた」と聞き、インターネットを使って、ずっとその人を探していました。

そしたら、2006年の6月、その人を見つけました。他の美容院に移っただけでした。

それで、電話をかけたら偶然その人が出て、「ずっと好きだった」と告白したら、「結婚を前提につきあっている人がいて、ごめんなさい」と言われ、「美容師と客の関係でよければ来て下さい」と言われ、9月2日(日付で覚えてる)に会いに行きました。

そしたら、つきあいが長いのと彼女が年上だから結婚の話が出てるだけで、結婚する気ない、とか、普通なら客にしゃべらないような話を髪を切りながらされ、「私はこの人の中に何を見ていたんだろう」と思いました。

あと、私が告白したことですごく自惚れさせてしまい、2003年とは態度などが全然違い、傲慢で、すごく調子に乗せてしまい、私の前ではそんな感じで、他の客の前では2003年の接客の、普通のいい美容師さんで、そういう態度の豹変に腹が立ちました。

2007年の2月に籍を入れ、式とかはしなかったそうです。

私、2007年の4月から、2カ月に1回くらいのペースで、東京の美容院まで通いました。

「この人、何でこんなに、私に告白されたぐらいで自惚れてるんだろう」と思い、出した結論は「女の子にモテたいのにモテなくてこうなんだ」と思い、その人の飢えている気持ちを私が満たしてあげよう、と思い、美容院に通い、服装をほめてあげたり、不幸な結婚生活と父親に悩んでいる美容師(私に髪切りながら色々しゃべった)愛情を与えてあげようと必死でした。それなのに、私が伝えたい愛情は全く伝わらず、自惚れさせただけでした。

2008年にはもう通うのをやめたのですが、愛情がどんなものなのか知ったのは2007年だった気がします。

その美容師さんには、本当に忍耐しました。我慢しながら、愛情を与えてあげようと必死でした。

その話に続きがあるのですが、その美容院のホームページのその人の写真を見せると、みんな「え、この人?」と言います。

私のピアノの生徒も「え、この人?すごい顔・・・」「本当にこの人なの?」と言っていました。

顔が悪いのが原因で女性にもてない美容師さんの自惚れを満たしてしまった1年でした。2003年の接客と技術にだまされました。今では笑い話なのですが。

私が愛情とはどういうことなのか知った2007年でした。本当に忍耐しながら、愛情を与えてあげよう、気持ちを満たしてあげよう、と必死でした。

自分が受け取る愛情ではなく、他人に愛情を与えるということがどういうことなのか、学んだ1年だった気がします。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/27

マスタープランさんありがとうございます

今日、インスタにピアノ教室を運営しているという女性から、フォローが来ました。

ためになる情報が色々書かれていて、ゆっくりひとつずつ読んでいこうと思っています。

その女性の記事によると、ホームページを持っていても生徒が来ない先生っているんだそうです。

あと、私が以前、お金を出して買った、ずっと読みたかった、ピアノ教室を運営している男性の自伝小説があるのですが、その男性も、ホームページを持っていても生徒が来なく、ついにたった一人だった生徒もやめていって、レストランでアルバイトをしながら教室運営を模索していく・・・という話だったのですが、ラストの方で、その男性がホームページを変えたら人が次第に増えていった、と書かれていて(生徒が増えた原因はホームページだけではなかったのですが)私、運が良かったんだなー、と思いました。

私の話なのですが、2005年、家の前のピアノ教室の看板を見て生徒さんが1人のみ来ました。それこそ看板だけでは生徒が集まらず、2008年の春に、このホームページを作ったら、みんな、ホームページを見て来てくれています。

月1件、新規の生徒さんから問い合わせがあったら順調で、月1件も来なかったら、風水に基づいて家をチェックしています。

空のペットボトルって、運を悪くするらしく、資源ごみの日にペットボトルを捨てたら急に問い合わせが来た、ということがあります。

1カ月の問い合わせ最高で4件で(教室に来てくれても、続けて通ってくれるという保証はないのですが)、ホームページと風水で人を呼んでいる教室です。

ホームページを持っていても生徒が来ない先生っているんだー、と思いました。

私がマスタープランさんにホームページを作成して頂くことになった理由なのですが、私の母は教員をやっていたのですが、母の教え子で弥太郎(やたろう)さんという生徒さんがいて、仙台の東北大学に進学した後、機械関係の会社にお勤めしている人がいたんですね。それで、その人の会社かなー、と思い、問い合わせたら、全然別の人の、関係ない会社でした(当時、マスタープランさんが、ヤタロウインターネットという会社でした)。それで、ホームページ作成をお願いすることになりました。

私、運が良かったんだなー、と思いました。ホームページを持っていても生徒が来ない先生っているんだそうです。

担当のSさん、人がちゃんと集まるホームページを作って下さり、ありがとうございます。と、今日、本当に思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2019/06/27
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216