桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

迷惑メール、やめて下さいね。

ホームページを持っていると、色々なメールが来ます。

借金しませんかとか、ホームページを作りませんか、とか。

もう作ってますよ。見ればわかるでしょ?

全部無視して削除しているのですが、この前、「ディズニーランドにデートに行く相手じゃなく、心が通じる相手がほしかった」って書いたら、さっき、メールチェックしたら、

「ディズニーランドの当選券が当たりました!」

ってメールが来て。

私、そんなもの応募してない。

やめて下さいね。

あんまり、人のことバカにしないでくださいね。

ブチ切れ寸前です。

精神主義者のピアノ教師を、あんまりバカにしないで下さいね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 8

次の日、モンサンミッシェルに行って来ました。朝早く集合で(朝5時?7時だっけ?)、パリ、真っ暗な中で。

バスに乗って、4時間かけて、行って来ました。

そういえば、大学で、日本語ペラペラの、フランス人の神父様がいたのですが、ノルマンディー出身の方でした。神父さまからノルマンディーの話を聞いていた時、「へー、いいなー、行ってみたいなー」と思っていたのですが、本当に行くことになるとは・・・

砂浜には、絶対足を入れないでくださいね、と言われました。さらわれて、溺れるから。

今度、もしノルマンディー地方に行くことがあったら、家とか、花とか、見てまわりたいなぁ・・・。

モネの家って、どこにあったっけ?

ゴッホのお墓は、オーベル何とかですよね。

あと、絶対行きたいのはアルル!!ゴッホが黄色の家を作ろうとした、才能大開花させた土地!!

あと、パリにオスカーワイルドのお墓があるんですよね。

今回の旅行、モンサンミッシェル、気が進まないけどツアーの中に組み込まれていたので、仕方なく行ってきた感じだったので、次行くことあったら、自分が行きたいノルマンディー地方やアルルとか、シャイヨー宮とか、自分が行きたい、フランスの場所に行きたいです。

ドイツ、スイス、フランスを回って、日本に無事帰ってきました。

以上、生まれて初めての海外旅行でした。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 7

次の日、ユングフラウヨッホという山に、電車で登りました。

氷のお城の中に入ってきました。

午後は自由行動だったのですが、疲れてホテルで寝ていた記憶があります。

このスイスのホテルの部屋は、青と紺色が混じったような、可愛いお部屋でした。

次の日、レマン湖の近くのヴヴェイに行きました。

チャップリンの銅像が立っていました。

次にジュネーヴまで行って、新幹線に乗って、パリに行きました。

パリに着いたら、夕方だったのですが、レストランで、一人でお食事しました。

食べたもの何だっけ・・・。グラタンスープかなぁ。たしか。

熱いスープの上にとろけるチーズがのってる食べ物だったと思う。

食べ物2つとデザートが出てきたんだっけ。

9年前のことで、よく覚えていません・・・。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 6

ローテンブルクが終わったら、ロマンチック街道(緑が多い、きれいな風景でした)を通り、世界遺産の「ヴィース教会」に行きました。この教会、マリア様の像が血の涙を流しただかなんだかという教会で。撮影禁止になっているのですが、きれいな教会・天井画でした(レジデンツに続き、またまた天井画)。

その後、また可愛いお部屋のホテルに泊まりました。

次の日。この日が、この2008年の旅行で、一番インパクト強くて、覚えてることなんですよね・・・。

「ノイシュバンシュタイン城」です。「白鳥城」という意味です。ルードヴィヒという王様が建てたお城で、金に糸目をつけなかったらしいんですよ。十分きれいなのに、「この部屋は未完成です」ってガイドさんが言って。私も含めた観光客の人たち、みんなびっくりしてて。「もっときれいに、もっときれいに」って、王様だから、お金があって、お金に糸目をつけなかったらしいです。それで、家来たちから問題にされたって。それで、40歳で、家来が殺したのか、自殺なのか、他の誰かが殺したのか、わからない、謎の死を遂げてるって。

審美って、あるじゃないですか。きれいなもの大好きな芸術家とか。

審美のルードヴィヒ王が建てた、ノイシュバンシュタイン城を、見てきました。あの美しさ・立派さなのに、未完成だって。審美とお金があることのおそろしさを思い知ったお城でした・・・。

その後、スイスに移り、夕食に「フォンデュ・シノワーズ」を食べました。そこのレストランで、私のことをちらちら見ているスイス人?の若い女の子がいて、「日本人に興味あるのかなー」と思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 5

次の日、ローテンブルクという街に行きました。

怖い話があって、リーメンシュナイダーという彫刻家が、農民の味方をしていたら、当時の警察につかまって、拷問で手をつぶされたって・・・。

バスの中でガイドさんから話を聞きました。

そのリーメンシュナイダーの彫刻が、ローテンブルクにあるんですよ。

教会にでした。立派な、きれいな、木でできた彫刻でした。マリア様が泣いてるところだっけ?よく覚えていません。

そのローテンブルクに、怖い博物館があって、拷問博物館というんです。中世で使われた拷問の器具を、展示してるんです。

ガイドさんが、「なぜか人気の博物館で」と言っていて、私も、怖いのになぜか見てきたんです。

それで、拷問の様子が描かれている絵はがきを売ってるんです。

私、1枚、買ってしまいました・・・。

謎の、変な、博物館でした・・・。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 4

ライン川クルーズが終わったら、ヴュルツブルクという街の、「レジデンツ」という美術館へ!!

レジデンツ、本当に素敵な美術館でした。すごくきれいで、「ここに住みたい」と思ってしましました(笑)。こんな宝石だらけの部屋に住んだらどんな気持ちするんだろう、と。

天井に、アポロンやヘルメスやアフロディテなどの、ギリシャ神話の絵が描かれていました。

本を一冊買って、レジのお兄さんに、

「ディスミュージアムベリービューティフル」

と言ったら、「サンキュー」と言ってくれました。

ライン川と違って、何もがっかりしない美術館でした。

その後中世の古城を改築して現在ホテルとして運営している、という元お城のホテルに泊まりました!!

白い、きれいなお部屋でした。

リューデスハイムではピンク色の部屋、このホテルでは、白いお部屋。

ヨーロッパのホテルのお部屋って素敵ですね。

夜は、お魚料理を食べたような記憶があります。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 3

リューデスハイムのホテル、とても素敵でした。

ヨーロッパのホテルって、昔のお城を改築して現在ホテルにしてるところが多いそうです。

リューデスハイムのホテル、ピンク色の部屋で、可愛かったです。

そして次の日。

朝食は、1階で、バイキングでした。

午前中、ワインの試食会があって、ワインを、グラス1杯、飲みました。全然、酔っぱらいませんでした。

その後、ライン川クルーズだったのですが・・・私も含めた観光客がうじゃうじゃで、英語や、どこの国かわからない言葉が飛び散ってて、うるさくて、リラックスできませんでした。

それで、メニュー表とか配られて、ココアとかチョコパフェとか書かれているのに、「混雑しているので、できるまでに1時間50分かかります」と、船の中で、放送案内がかかるんですよ。そしたら、1時間50分で、ライン川クルーズ終わってしまいました。

そんなにライン川に憧れていたわけじゃなかったけど、なんだか、がっかりするような、ライン川クルーズでした。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216