今日、小学6年生の女の子のMさんに、午後13時から教えていたら、自分が根を張って充電されていく様な感じがして、「あれ、最近、こういう感じ忘れていたな」と思いました。

7月に3人生徒を減らしてしまい、精神的打撃が大きく、ピアノ教師としての自分に自信をなくしていました。

8月に入れ違いみたいに新規の生徒さんが来てくれたのが、救いでした。

9月になったら、秋で、合唱祭で休むとか、器楽祭で休むとか、ピアノ教師にとっては、商売上がったりな月で・・・9月。

それで、今日、Mさんの横に座って、教えていたら、「あ、この感覚、忘れていたな」と思いました。

人に言うと不思議がられる話なのですが、ピアノの仕事をしている方が自分の充電になって、休息をとれている感じがするんです。

生徒さんの横に座って、20分くらいしてると、ピッピッピッと、エネルギーが足の裏から充電されている様な感じになって、1時間たって、仕事が終わると、「あー、今日もがんばったな」と、仕事をしていないより、エネルギーが充電されてる感じなんです。

人に言うと、不思議がられる話なのですが。

なんだかんだ言ってて、ピアノ教師が天職で、仕事が私を選んでくれたのだと、思っています。

シェア
ブログ 2018/10/06