伊藤ひさ子さんの本に、「収入には直接結びつかなくてもいい、そう思えるような仕事についている人は、とても幸福なことだと思います。」「私が仕事を選んだのではなく、仕事が私を選んでくれたのだと思うのです。」と書かれていて、とても共感しています。

なぜ、自分の金のことなんか考えなかったのに、教室が13年も続いたか。

仕事が私を選び、私を愛してくれたからです。

「この人いい、この人いい」と。

私は、幸福なピアノ教師だと思います。

私が中学2年生の時、習っていた先生がいました。親に反対され、内緒でピアノ教室に通い、ヤマハのレジ打ちで働きながら、ヤマハでピアノ教師に雇ってもらっている、ガッツのある先生でした。私、自分が先生になるまでわからなかったけど、多分、その先生も、私しか生徒がいない、生徒が1人しかいなくてやっていけなくて、ヤマハでレジ打ちして生活している先生だった、と、私、自分が先生になってみてから、わかりました。

結局、ヤマハで社内恋愛になって、結婚が決まり、ピアノ教師を続けたかったけど辞めることになった(ヤマハ、社内恋愛禁止だったそうです)と聞き、私のことは、他の先生に引き継ぐことになりました。

私、ピアノ教師を13年続けていて思うけど、ピアノ教師を続けたいなら恋愛ってしない方いいわよ。なぜなら、ギリシャ神話の音楽の神アポロンは、独身の神だからです。私、アポロンと婚姻関係を結んだ、ギリシャ神話に出てくる人間のようなもので、人間とはもう結婚できないと思ってるし、する気も全くありません。音楽と結婚しました、私。ギリシャ神話の双子の神、アポロンとディアナが自分についてると思って生きています。人間と恋愛・結婚、まずできません。する気もないし。玉木宏の顔にときめいたりしてるくらいでちょうどいいと思っています。

シェア
ブログ 2018/07/27