昨日、Kちゃんという小学3年生の女の子とお母さんが来てくれました。

Kちゃんが音楽部に入っていて、2月10日に発表会?だか何だかがあるそうなのです。

それで、私、先週から「発表会心配だ」と言っていたら、本人も心配だったらしく、お母さんを連れてきて、あ、やっぱり私の言葉に左右されてる、と思いました。

私が私の言葉に子供が左右されてる、と気づいたのは毎週日曜日に来てくれているRちゃんがきっかけで、弾いているのを横で見ていたら、「Rちゃん私の真似して弾いてるだけで楽譜読めてない」と言ったら、お母さんが「えっ」と驚き、Rちゃんもショックだったらしく、それまで弾けていたところが全部弾けなくなってしまったのです。

それで「今いい、今いい」「今、腕戻った」と言っていたら、またパッと弾けるようになったのです。

これ、たった30分の間の出来事なのです。たった30分の間の出来事なのですが、ピアノ教師として大切なことを学ばせてもらったと思っています。

以来、うちの教育方針は、ほめて育てろです。

シェア
ブログ 2021/01/26