そのリューデスハイム、秋田とそっくりだったんです。

空の色とか、景色とか、風景とか。びっくりするくらい、そっくりでした。

家だけ、ヨーロッパ風で。

家、秋田のこの辺の家に変えたら、秋田と全く同じになるの、保証するような街でした(写真が残っていません、ごめんなさい)。

その話、ガイドさんとツアーの人たちにしゃべったら、「緯度が同じなんじゃないか」と言われました。「私たち、東京の人だから、そう思わない。」と言われました。

秋田って、日本の北の方にありますもんね。

リューデスハイム、ドイツの北の方の町だったんだと思います。

ヨーロッパの田舎を周るツアーで、ベルリンとか行きませんでした。

夕方着いて、ガイドさんと、夕食をとりにレストランに入りました。

出てきた料理(すごい量だった)の写真を撮ってたら、ドイツ人の子供から「ジャパニーズ、ジャパニーズ」と、笑われました(笑)

料理の写真撮ったりすると、観光客だって、バレバレみたいですね(笑)。

これから寝るので、続きは明日書きますね。

シェア
ブログ 2017/12/04