最近、おしゃれに興味があったけど何を着ていいかわからない、という、90年代の高校時代の心を癒すために、ハニーズで、スリップドレスとTシャツのセットを買いました。

スリップドレスで思い出すの、リヴ・タイラー主演の「魅せられて」(1996年の映画)で。

スリップドレスで思い出す思い出があって、私が高校1年の時、友達とフォーラス(当時の秋田でおしゃれだったデパート)に入ったら、ミニのスリップドレスで、ヘアスタイルは長い髪をお箸でまとめて、左の二の腕にタトゥーシールを貼っている女の人がいました。

男の人たちは、「おーデレデレ」みたいな感じでみんな振り返って、その女性を見ていました。

私と友達は「あの人すごいねー」と言っていました。スタイルいいんだけど、流行なんだけど、露出度が髙くて。

その後ロッテリアに入ったら、その人がお友達とお食事をしていました。

私と友達は「あの人またいるね」と言っていました。

そしたら、そのロッテリアで、ダボダボのTシャツにダボダボのジーンズの4人組の女の子たちがいたのですが、すごくその女の人の悪口を言っていたのです。「髪のお箸やめろ」とか「タトゥーシールやめろ」とか。

同じ女性として、なんか、こわかったです。

私が買ったスリップドレスはロング丈なのですが、そんな思い出のような、ショックなことというか、トラウマというか、そういうものがあって、1枚で着れません。

インスタグラムではやりたい放題で、1枚で着て写真に撮って載せたりしているんですが、インスタ用のファッションと普段のファッション、分けていて。

インスタではやりたい放題なのですが、普段はカーディガンを羽織っています。

スリップドレスには90年代の思い出が強烈にからんでいます。

あと思い出すのは「好きと言えなくて」のユマ・サーマンで、透ける素材の長袖のトップスの上にロング丈で小花柄のスリップドレスを着ていました。

あの当時着たかった~。

90年代は私の暗黒期なのですが、今、ハニーズで90年代風の服を買って、あの頃できなかったおしゃれをして、心の傷を癒しています。

シェア
ブログ 2019/06/29