シャドウバンにあってみて、自分とインスタグラムへの姿勢を見直すきっかけになりました。

単なる偶然かもしれないのですが、「ズボンは履かないんですか」というコメントが来たんですね。それでズボンを履いた写真を載せたら、シャドウバンになってしまいました。

人のコメント気にしないで自分の好きなように着なさい、という天の声だった気がします。

5月30日の昼、ズボンを履いた写真を載せてからシャドウバンが始まりました。

それまで、写真1枚を載せると、いいね!いいね!いいね!いいね!と、バーっと来て(インスタやってる人ならわかると思う)、どんな夜中に載せてもそんな感じで、「この人たち、私と同じく不眠症なのかな」「いつ寝てるんだろう」と思ったりして。

明け方に投稿してもそんな感じで、「この人たち不眠症なのかな」と思ったり。昼に投稿してもそんな感じで、写真1枚でワッといいね!が来て、合計で40~50件来たり、多い時は70件とか、そんな感じでした。

シャドウバンになってから、それまでみたいにワッといいね!が来ることがなく、さみしかったです。それでも、シャドウバン中にメイクした顔の自撮り写真でいいね!46件来たりして、シャドウバン中でも、いいものにはいいね!来るんだな、と自信がつきました。

それまで「桜庭さんいいね!多い」と言われたりしていたのですが、自分の中では「写真1枚でいいね!100件来るの目標」「フォロワー1000が目標」と、私のインスタをほめてくれる言葉が届かず、すごくガツガツしているような感じでした。

シャドウバンにあってみて、10人でも20人でも、いいね!をくれる人たちのありがたみを感じました。あと、今フォロワーが800くらいで、自分の中ではフォロワー1000が目標だったんだけど、自分、人のありがたみ感じないでガツガツしてたなぁ、と思いました。

フォロワー800って、特別努力とかしたわけでもなく、インスタ続けてたら自然にその位になった、という感じで、900までいったことはないんですよね。それでも、一般人の方でもフォロワー3000とかの人達、いっぱいいるし。

私もそういうの目指していたんですが、シャドウバンにあってみて、「自分ガツガツしてたなぁ、いいね!が来るだけでありがたいなぁ」と思いました。

自分とインスタグラムへの姿勢などを見直すことになった出来事でした。あと、ズボン履かないんですかとか他人のコメント気にしないで自分が好きな服を着ていよう、と思いました。

 

シェア
ブログ 2019/06/29