今、今日の仕事が終わりました。

保母さんを目指している高校1年生(4月からは2年生です)の女の子です。よく笑う子で、こっちも楽しく教えています。

いや~、2018年7月、私が教えていて楽しいと思っていた中学生のお母さんから「本人の希望で他の教室にする」とFAXが送られてきた時は、精神的ダメージがすごかったね。「私って人を見る目ないのかなー」って思ったし。

トラウマってなかなか消えないけど、今日の子は2月から毎週金曜日の夕方に通って下さっていて、これから信頼や関係を作っていくんだな、って段階で、私もトラウマになった中学生の女の子の時はここが悪かったのかな、と反省してみたりして。

いいお付き合いができるように願っています。

自分の過去記事を読み返してみたら、このブログが秋田市で音楽教室をやっている先生の探りの対象になっているショックについて、繰り返してしつこく書いてるなー、と思って。

もう書かないようにしようと思いました。あんまりしつこいと、自分で思って。

温かい目で見て下さっているのが、このホームページを作ってくれたSさんという女性なのですが、そのSさんに報告する気持ちでブログを書いています。

今日こういう生徒さん来たよ、とか仕事でこんなことあったよ、とか。

意地悪な目で私の文章を探っている音楽教師なんかに負けたくありません。

温かい目で見て下さっているSさんが「先生今日仕事あったんだ」とか安心したり喜んだりしてくれればそれでいいと思っています。

2005年4月に教室を開いてから、3年間生徒が一人だったのですが、2008年春にSさんにこのホームページを作って頂いてから、ホームページを見て生徒が来るようになりました。

看板のみだった時は、1人しか生徒が集まりませんでした。

毎日、毎日、ブログを書いているわけではないのですが(仕事終わったら疲れた、って時もあるし。今日来た高校生からは、ブログを書くエネルギーをもらった感じでした)Sさんが安心したり、喜んだりしてくれれば、それでいいと思っています。

シェア
ブログ 2019/03/15