こんにちは、久々のブログです。

アルバイトの結果なのですが、現在レストランでのピアノ演奏はやっていなくて、結婚式とか宴会の時、2時間弾いたら、3万円もらえるのだそうです。

「Sさんが、自分で料金交渉しろとか、金曜日と土曜日の夜にとか言ってたのと、随分話が違うなぁ」と思っていたら、「どういう風にしゃべってたのかSに聞いておく」と言われ、「ひえ~、大事な生徒さんが怒られる・・・」と思い、あっさりと面接が終わった後、Sさんに「これから怒れらるよ・・・」とメールで送ったら、夜に返信が来て、「あの人あっさりした感じで、怒られるとかなかったよ」と来ました。

金曜と土曜の夜ピアノ弾いてたら、自分、体調崩してたと思う。

「何か宴会とかあったら声かけますので」と言われ、顔売りにはなりましいた。

今日はそのSさんとコンサートに行きます。

ヤマハで、アニメ「ピアノの森」に出てくる曲のコンサートです。

秋田のヤマハの3階でやります。

「ピアノの森」、Sさんの紹介で見始めたアニメで、「本当にピアノ好きな人ってこんな思いしてもピアノをやりたくてやってるんだなぁ」、と思って毎週見ています。

私、ピアノがやりたくてもやれなかった母親にやらされた、というパターンだったから。

そうSさんに言ったら、「先生、四月は君の噓系でしょ」と言われました。どんなに練習していい演奏をしても「だめ、だめ」と病気の母親から言われ続け、ピアノがトラウマになり、弾けなくなったという話(これもSさんがDVDを貸してくれて、見ました)。

あと、自分、今回のバイトのことで、慌ててピアノの練習をし、ピアノ教師になってから14年間、教えるのみで、自分の技術の向上を怠っていたのと、弾ける曲のレパートリーの少なさに気づき、いつ宴会か結婚式で声がかかってもいいように、練習しておこうと思いました。

今現在、1日3時間とか4時間とか時間は時計で計ったりしてないのですが、真面目にピアノを練習しています。

今日はSさんとランチをした後、ヤマハにコンサートに行きます。

Sさん、それこそ音楽への情熱がすごい人で、今日、ベートーヴェンの「月光」が載っているピアノ中級者向けの楽譜をヤマハで電話でお取り置きしてもらってて、今日、購入する予定なんです。Sさん、楽譜読めない人なのに。

「月光」の最初の6小節を両手で弾いて、「あー、快感だ」と言っています。それから先は弾けません。私がこれから教えないと。

「本物のグランドピアノに触れられて嬉しい、毎日でも通いたい教室」と言って下さっていて、技術の向上より本物のグランドピアノに触れて楽しい、という方針の教室でいこうかな、とSさんがきっかけで思っています。

シェア
ブログ 2019/03/10