17時半に今日の仕事が終わりました。

保母さんを目指している高校1年生で、4月から2年生になります。

家に来て2~3回目なのですが、よく笑う子で、「お箸を落とすだけで笑うお年頃なのかなー」、と思います。

ショパンのノクターン2番と遺作を弾いたら、「すごい、すごい」と喜んでくれました。

ヘルパーさんの前で弾いても、「生ライブでもない限り生で聴く機会ない」と、とても喜んでくれます。

自分、エリートじゃなくて大したことない、という思いが長年強かったのですが、音大出たってだけで、エリート音大かエリートじゃない音大かとか関係なく、お嬢様扱いなんだなー、と音大を出て14年になるのですが、思っています。

私の出た純心女子大学という大学(今は共学になってる)、国立音大入る人が滑り止めで入る大学で、全然エリート音大じゃないんです。私も、日大の映画学科受験して落ちてて、1年浪人して、母が見つけてきた大学、東京純心女子大学に入りました。

そしたら同類ばっかりで、浪人したとか滑り止めで入ったって人、普通にいて。あと、エリートの家系なのに自分だけ頭悪くて純心女子大学にしか受からなかったとか。

「私たちバカで頭悪いよねー」というノリの大学だったので、音楽学科ピアノで卒業したら、こんなにすごい人扱いされるなんて、大学に入ってた時は思いもしませんでした。

自分なんか頭悪い、という思いが強かったので、ピアノを弾くだけで、こんなに人が「すごい、すごい」と喜んでくれるものだと、思いもしなかったから。

教室に人1人という空間で、喜んでくれるの人1人という空間でも人が喜んでくれるのならいいのかな、と、今日、さっき思って。

色々なことを生徒さんから与えてもらってるのだと思います。

シェア
ブログ 2019/02/22