以前、教室を始めて4年だった2009年、人から「見ただけでひがまれてる教室。ひがまれて人来ない」と指摘されました。

2017年の1月に来てくれた、ロンドンに留学したことがある、美容師をなさっているお母さんから「きれいな物いっぱいあるお家ー」と言われました。

ひがまれる苦しみが癒される気がしました。

そのお母さんの子供は、続けて来てくれました。

あと、ひがまれる苦しみなのですが、秋田市で音楽教室をやっている先生が、色んな教室のホームページを偵察していて、私のブログが偵察対象になっているというのです(音楽の先生をなさっている方から聞きました)。

いいね!こないから私のブログなんか誰も読んでいないんだと思っていたら、けっこう読まれているらしいのです。

知り合いのフランス人から、「あなたの文章問題ない。日本で受けないだけ。フランスって愛の国だから、愛、愛、私ピアノから愛された、私音楽から愛されたとか言ってたらフランスで大うけする。ブログ本出版して、いい翻訳者に見つけてもらって、フランス進出しろ」と言われました。

ひがまれる教室・ピアノ教師への救済対策を、知り合いのフランス人がたててくれました。

シェア
ブログ 2019/02/03